シンガポールの中央銀行と通貨管理局が中国デジタル人民元の共同開発に向け模索段階か

シンガポールの中央銀行と通貨管理局が中国デジタル人民元の共同開発に向け模索段階か

シンガポールの中央銀行と通貨管理局が中国が開発しているデジタル人民元の協力に向け模索段階中であると、上海東方新聞が報道した。シンガポール通貨管理局(MAS)のRavi Menon(ラヴィ・メノン)局長が第12回会合でスピーチを行ったことによって、模索段階であることが明らかになったとのこと。

現段階ではシンガポールと中国人民銀行は様々なCBDC(中央銀行デジタル通貨)の開発シナリオを議論しているとのこと。

Ravi Menon(ラヴィ・メノン)局長は「CBDCを開発理由は国によって異なりますが、Ubin(シンガポールのデジタル通貨プロジェクト)の主な目的は、セキュリティを確保しつつ、国境を越えた決済・決済コストと決済時間を短縮することです」と、会合で発言した。

さらに、Ravi Menon(ラヴィ・メノン)局長は、FacebookのLibraについても「Libraは世界の中央銀行システムにとって大きな危惧も示していますが、素晴らしい柔軟性を持っています。そして、Libraチームは世界の規制当局と緊密に連携することを約束していると報じられています。だから私たちもLibraの価値を否定するのではなく、彼らともっと議論を重ねるべきでしょう」とコメントしている。

編集部のコメント

シンガポール通貨庁(MAS)は2016年後半から、ブロックチェーンを活用したインターバンク決済プロジェクトに取り組んできています。そして「Project Ubin」が2018年に正式に発表されました。このプロジェクトは証券の決済やそのほかの決済にブロックチェーンを活用することを模索するためのシンガポール国内の共同プロジェクトです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/Tuadesk・Victorburnside)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/7話題】バイナンスチェーンが一時停止、フルグルがDiamond Hands支援など(音声ニュース)

バイナンススマートチェーンが停止、ブリッジのハッキング被害額1.1億ドル、【取材】ビットコイン基盤でスマコン実現目指す、フルグルがDiamond Hands支援、【取材】LINEやOasys参加、ミシカルゲームズが財団と独自トークン「MYTH」とDAO発表、MakerDAO、DAIの裏付け資産5億ドル分を米国債・社債に投資へ、暗号資産カストディXalts、シティやポリゴン創業者らから約8.7億円調達、ポリゴン(MATIC)が海洋保護団体「OCEEF」と提携、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業ライセンス取得、ダッパーラボ、スペイン「ラリーガ」のNFTプラットフォーム「リーガ・ゴラッソ」β版ローンチ、ニアプロトコル(NEAR)、グーグルクラウドと提携、Bリーグ「香川ファイブアローズ」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored