Binance(バイナンス)が2020年夏にBinance.UKをローンチ

Binance(バイナンス)が2020年夏にBinance.UKをローンチ

Binance(バイナンス)が2020年夏にイギリスで暗号資産(仮想通貨)取引所Binance.UKをローンチすることを発表した。Binance.UKは、ヨーロッパ金融行動庁(FCA)のに認可を受け、イギリスポンド(GBP)とユーロ(EUR)で暗号資産を購入できる取引所となる。

Binance.UKではイギリスの高速決済サービス(FPS)と単一ユーロ決済地域(SEPA)ネットワークを介した直接銀行振り込みによる暗号資産売買のための迅速かつ簡単な入出金が可能とのこと。そして最大65の暗号資産をローンチ時に購入できるように検討しているとのことだ。

さらに追加機能としてデビットカードを使い法定通貨から暗号資産への兌換、ユーザーが自分の仮想銀行口座を開設できるオプションなどもある。仮想銀行口座はイギリスの銀行の全本支店に付与された6桁のコードであるソートコードと口座番号を持つ振込専用の用途として、事業主に使われるとのこと。

BinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏(CZ)氏は「イギリスはロンドンが世界第2位の金融センターで外国為替の主要市場であることから、重要な金融エピセンターです。そして現在イギリスはデジタル資産への関心とその技術力によって、次世代の金融市場を築き上げる上でも重要なポジションに存在しています。Binance.UKが次世代の金融を形づくる足がかりになることを願っています」とコメントしている。

Binance.UKのディレクターであるTeana Baker-Taylor(ティアナ・ベイカーテイラー)氏は「世界的なフィンテック・イノベーションのリーダーとしてのイギリスの重要な役割は、従来の金融サービスに挑戦する破壊的なテクノロジーへの道を切り開いてきたことです。Binance.UKがイギリスの活気ある金融エコシステムの一部になれることを嬉しく思います。そして世界的にお金の自由度を高めるというBinanceのミッションに沿って、Binance.UKはイギリスとヨーロッパの顧客が規制されたプラットフォームを通じて、競争力のある価格で、安全で便利なペイメントネットワークにアクセスして、成長を続ける暗号資産市場に大きな自信を持って参加できるように準備します」とコメントをしている。

編集部のコメント

Binance.UKプラットフォームは、個人投資家向けのシンプルな売買・変換機能を備えたBasic trading interfaceと、機関投資家向けの取引ツールと機能を備えたBinance.comオーダーブックのAdvanced market viewの両方を備えているとのことです。

そしてBinance.UKはローンチ時はブラウザアプリでスタートさせ、2020年後半にモバイル版を提供する予定とのことです。

イギリスでは、米フィンテック企業Robinhoodや米暗号資産取引所Coinbaseが既に暗号資産売買領域で参入をしています。Binance U.Kの勝ち筋は仮想銀行口座を利用した暗号資産での企業間取引、そして機関投資家向けのサービスにあるのではないかと考えられます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/stockdevil・dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/17の話題】ピーター・ティールがDAOへ出資、南葛SCがトークン発行など(音声ニュース)

ピーター・ティールがDAOへの出資を牽引、ビットダオが約250億円調達、AFINとR3が提携、CBDCのサンドボックス立ち上げ、米モルガン・スタンレー、4つ目のビットコイン投資ファンド組成中、米FOX、NFT事業へ110億円の資金投入、カイバーネットワークとポリゴン、DeFiの流動性強化へ向け提携、『キャプテン翼』高橋陽一氏代表の「南葛SC」、FiNANCiEでトークン発行 マイクリとのNFTコラボも実施、フォビジャパン、ベーシックアテンショントークン(BAT)を上場

『キャプテン翼』高橋陽一氏代表の「南葛SC」、FiNANCiEでトークン発行 マイクリとのNFTコラボも実施

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、『キャプテン翼』の原作者、高橋陽一氏が代表取締役を務める南葛SCのクラブトークン発行と販売を開始することを6月17日発表した

ピーター・ティールがDAOへの出資を牽引、ビットダオが約250億円調達

DAO(自律分散型組織)としてビットダオ(BitDAO)が組成され、ピーター・ティールやアラン・ハワードなど複数の著名な投資家から約250億円(2億3000万ドル)の資金調達を行なったとThe Blockが6月16日に報じた。この調達はプライベート・トークン・セール によって行われたとのことだ。

AFINとR3が提携、CBDCのサンドボックス立ち上げ

シンガポール金融管理局、国際金融公社、ASEAN銀行協会が共同で設立した非営利団体「ASEAN金融イノベーション・ネットワーク(ASEAN Financial Innovation Network:AFIN)」が、エンタープライズ向けブロックチェーン企業R3と提携したことを6月16日に発表した。提携の目的は銀行やフィンテック企業が中央銀行デジタル通貨(CBDC)アプリケーションを構築・テストし、その革新と採用をグローバルに推進できるようにすることのようだ。

【6/16の話題】Adam byGMOが8月提供開始、WWW考案者がソースコードのNFT販売など(音声ニュース)

新会社「GMOアダム株式会社」の設立、NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」は8月に提供開始、坂本龍一氏、村上龍氏、原田マハ氏、西野亮廣氏もNFT参入、Adam byGMOで、WWW考案者ティム・バーナーズ=リー、サザビーズにてソースコードをNFT販売、デジタル銀行シグナム、Aave、UniswapなどDeFiトークンのサービス提供開始、バーバリーがNFT参入、ゲーム「Blankos Block Party」内で販売、分散型デリバティブプラットフォームdYdX、約70億円の資金調達、ポルシェ関連会社、NFTマーケットプレイスをローンチ、Chiliz(CHZ)、ShibaInu(SHIB)、Keep Network(KEEP)、コインベースプロに上場、クラーケンにSolana(SOL)とSerum(SRM)が上場、MCH、クリプトゲームスらから資金調達、NFTサッカーゲームSorare、フランス代表の選手カード発行