電子書籍取次のメディアドゥが2020年秋にブロックチェーン導入か

電子書籍取次のメディアドゥが2020年秋にブロックチェーン導入か

電子書籍取次のメディアドゥーホールディングスが今後はブロックチェーンなど新技術への投資を加速させていく狙いであることが日経産業新聞の報道によって明らかになった。

報道によると新型コロナウイルスの影響を受けて、電子書籍の売り上げが伸びたとのこと。4月に発表した2020年2月期の連結決算では、売上高が前年同期比30%増の658億円と伸長し、特に電子書籍流通事業は前年同期比28%増の645億円と好調とのことだ。

好調な収益状況を背景に、同社はブロックチェーンなどの新技術採用に取り組んでいるとのこと。2019年、2020年で累計3億円投資していて、今秋には電子書籍の流通基盤にブロックチェーン技術を導入する予定とのことだ。今秋採用するブロックチェーンプラットフォームはAmazon Managed Blockchainの予定で、名称は「MediaDo Blockchain Platform」。同プラットフォームの処理可能取引数は、1秒あたり5555tps、1時間2,000万であるとメディアドゥが明らかにしている。そして同プラットフォームは、1日4.8億とRippleの1日1.3億、Hyperledger Fabric2.3億と比べて処理性能が高い。

ブロックチェーンを活用の目的としては、電子書籍の取引履歴が記録を行い、電子書籍の中古販売や出版社と作家に著作権料を還元していくこととのこと。

編集部のコメント

メディアドゥHDは出版社の電子書籍を電子書店などに流通させる電子書籍の取次を手掛けていて、出版社約2100社、電子書店約150店の取引基盤を持ち、流通総額は950億円で国内流通総額の34%を占めているとのことです。

出版科学研究所によると、2019年の電子出版市場は前年比24%増の3072億円とのことです。 そしてこれまでのメディアドゥのブロックチェーンに関する取り組みとして主要コンソーシアムブロックチェーンの一つであるHyperledger Fabricを研究しPoCは完成していると、同社の2019年7月19日のブログに記載されています。さらにメディアドゥの「エンジニア100名体制を擁し、大規模トラフィックを支える電子書籍流通基盤から、ブロックチェーン等の先端技術を活用したシステム開発を全て自社で実現」すると2020年2月期通期決算資料に記載されています。さらにメディアドゥのブロックチェーンを用いて実現したい世界は、これまでのコンテンツ販売、サブスクリプションモデルに加えて、音楽、本、映像のアセットモデルとのこと。そのアセットモデルとは具体的にどのようなものなのか非常に気になるところです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr,liuzishan)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コインベースプロにてCTSI、RLC、MIR、TRBが上場へ

米暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社の提供する個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて暗号資産(仮想通貨)カルテシ(Cartesi:CTSI)、アイエクセック(iExec:RLC)、ミラープロトコル(Mirror Protocol:MIR)、テラー(Tellor:TRB)の4銘柄の上場を5月4日発表した。

三菱重工と日本IBM、CO2流通をブロックチェーンで可視化するデジタルプラットフォーム「CO2NNEX」構築へ

菱重工業株式会社と日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)が、二酸化炭素(CO2)流通を可視化するデジタルプラットフォーム「CO2NNEX(コネックス)」の構築開始を5月6日発表した。なおこのプラットフォームには「IBM Blockchain Platform」が活用される。

米国銀行へビットコインサービス提供か、ストーンリッジ子会社NYDIGとフィデリティ

ニューヨークに拠点を置く100億ドル規模の資産運用会社ストーンリッジ(Stone Ridge)の子会社であるニューヨーク・デジタル・インベストメント・グループ(NYDIG)がフィデリティ・ナショナル・インフォメーション・サービス(Fidelity National Information Services)と提携し、米国の銀行が今後数カ月のうちにビットコインを提供できるようなフレームワークを提供する予定であるとCNBCが報じた。