暗号資産取引所Huobiが独自トークンHTを6月上旬に日本で取り扱い開始か

暗号資産取引所Huobiが独自トークンHTを6月上旬に日本で取り扱い開始か

暗号資産(仮想通貨)取引所Huobiが独自トークンである「HT (フォビトークン) 」を日本で6月上旬より取り扱い開始する予定であることが同取引所運営会社であるフォビジャパン株式会社のプレスリリースによって5月15日に発表された。

HT(正式名称:Huobi Global Ecology Integral)はHuobi Globalによって発行されたEthereumブロックチェーン上の分散型デジタル資産で、ERC20準拠のトークンとなっている。

HTは2018年1月にHuobi Globalによって発行され、現在では世界でおよそ30社の取引所が取り扱っているとのこと。なおHTは発行上限枚数である5億枚を既に発行済みで、今後永久に追加発行はされないとのことだ。

6月に取り扱い開始をする予定のHT通貨ペアはHT/JPY、HT/BTC、ETH/HT、BCH/HT、XRP/HT、LTC/HTを予定している。

編集部のコメント

暗号資産(仮想通貨)取引所Huobiの取引所では現在BTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPY、BCH/JPY、LTC/JPY、MONA/JPY、ETH/BTC、XRP/BTC、BCH/BTC、LTC/BTCの取引ペアが取り扱いされています。

また昨年9月よりサービスを開始したHuobiの販売所では現在BTC/JPY、BCH/JPY、ETH/JPY、XRP/JPY、LTC/JPY、BCH/BTC、ETH/BTC、XRP/BTC、LTC/BTCが取り扱われています。

HT (フォビトークン)は世界の暗号資産時価総額ランキングの第18位、日本で上場した暗号資産の中での時価総額ランキングは第7位(1位BTC、2位ETH、3位XRP、4位BCH、5位LTC、6位XLM、7位HT)ということです。今後HT (フォビトークン)がもし日本で取り扱われることなった場合、日本の投資家たちにどのような影響を与えるか注目です。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:dalebor,Panuwat-Sikham)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/22の話題】FTXの企業評価額が約2.8兆円へ、ビットコイン先物ETFが米国3例目の承認など(音声ニュース)

FTXが約480億円調達、設立2年で企業評価額は約2.8兆円へ、ヴァルキリーのビットコイン先物ETFが今夜取引開始へ、米国3例目の承認、テキサス州消防士年金基金、ビットコインとイーサに約28億円投資、AP通信とチェインリンク、経済やスポーツデータをブロックチェーンに記録・提供へ、FundsDLTとUBS証券ら、投資ファンド分配モデルの概念実証に成功、米NFT企業キャンディデジタル、ソフトバンクらから約114億円調達。評価額約1,700億円に、クラーケングローバル、KusamaパラチェーンのBifrost(BNC)上場へ、国内アメフト界初のクラブトークン発行「アサヒビールシルバースター」がFiNANCiEで