企業向けブロックチェーンネットワーク開発企業Kaleido(カレイド)がR3と連携し、CaaS(コンソーシアム・アズ・ア・サービス)を発表

企業向けブロックチェーンネットワーク開発企業Kaleido(カレイド)がR3と連携し、CaaS(コンソーシアム・アズ・ア・サービス)を発表

エンタープライズ向けブロックチェーンインフラ開発企業R3とエンタープライズ向けブロックチェーンネットワーク開発企業Kaleido(カレイド)が企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みを加速させるためパートナーシップを締結したことが明らかになった

パートナーシップ締結によって、R3が開発するCordaネットワークは、金融サービス、ヘルスケア、サプライチェーン、輸送、公共部門を含むあらゆるセクターでのDXの取り組みを加速させたいと考えている組織向けに構築されたKaleidoのCaaS(コンソーシアム・アズ・ア・サービス)を通じて利用可能となった。

KaleidoのCEOでファウンダーのSteve Cerveny(スティーブ・サーベニー)氏は「一世代に一度の企業のバックオフィスシステムのデジタル化へのシフトは、パンデミックを機に発した不況の中で激化しています。現在企業はB2Bネットワークで完結していた価値を外へ解放することでリスクをチャンスに変える方法を模索しています。Kaleido(カレイド)は、R3の先進的なエンタープライズ・ブロックチェーン技術を活用したCaaS(コンソーシアム・アズ・ア・サービス)を顧客に提供することで、これらの課題を解決しビジネス・ネットワークをゼロからイチへと記録的なスピードで移行させます」とコメントしている。

R3の共同設立者であるTodd McDonald(トッド・マクドナルド)氏は「Kaleid(カレイド)とのパートナーシップ締結を嬉しく思います。今こそ、コンソーシアムがより強力なビジネスモデルを開発し、長期的に成功を収める時です。Kaleidoが発表したCaasは、これまで以上に迅速に生産に移行するビジネス・エコシステムをサポートし、より効率的なコスト構造と価値を生み出すまでの時間を短縮することを可能にします」とコメントしている。

編集部のコメント

KaleidoのCaaS(コンソーシアム・アズ・ア・サービス)は、分散型コンソーシアム・ネットワークのビジネス成果を加速するための業界初のデジタルトランスフォーメーション機能を提供していて、主な機能には、スマートコントラクト管理、ミドルウェア技術のフルスタック、ネットワークの制御を行うマルチパーティコントロールプレーン、共有されたDevOps(デブオプス)などがあるとのことです。DevOps(デブオプス)とは、ソフトウェア開発(Dev)と運用(Ops)を組み合わせた一連のプラクティスで、システム開発のライフサイクルを短縮し、ソフトウェア品質の高い継続的デリバリーを実現することを目的としています。

日本もコロナ禍において、DXを通して企業のデジタル化へのシフトが急速に起こっています。特にエンタープライズコンソーシアムの中での業務プロセスをシームレスに完結させるためのデジタル化の流れです。このトレンドは、2020年と2021年を通して地球規模で大きなものとなるのではないかと「あたらしい経済編集部」は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:antoniokhr

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/7の話題】SBIが暗号資産取引所へ出資、ステーブルコインが銀行と資金移動業に制限かなど(音声ニュース)

SBI、シンガポールの大手暗号資産取引所コインハコへ出資、金融庁、日本円ステーブルコイン発行を銀行と資金移動業者に制限か=報道、FTX、暗号資産トレーディング・プラットフォーム規制に関する10原則を発表、アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で、【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ、マリオット、会員向けキャンペーンでNFTプレゼント、兵庫県のサッカークラブ「FC SONHO川西」、FiNANCiEでクラブトークン発行、米コインベースプロ、暗号資産7銘柄を新規上場、NFT活用事例が学べる無料イベント12月10日開催、「NFT WEEKS TOKYO」で

Sponsored

アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で

香港拠点のNFTゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)と、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ブロックチェーンゲームプロジェクトへの支援を目的に2億ドル(約227億円)規模のファンドを立ち上げたことが12月6日分かった

【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ

電子書籍取次事業やNFTマーケットプレイス運営を手がけるメディアドゥが、ソーシャル映像視聴アプリ「GREET(グリート)」を12月13日より提供開始することを発表した。「GREET」は、ミュージックビデオ、ライブ映像、ショートフィルム、ライフスタイル番組などあらゆるジャンルの公式映像を、オンライン上映会で誰とでも一緒に鑑賞ができる映像視聴アプリだ。