ビットコインが3度目の半減期に到達、直前のブロックには米国コロナ金融対策のニュースが引用される

ビットコインが3度目の半減期に到達

ビットコインは2020年5月12日4時23分に第630,000ブロックの生成およびブロック報酬の半減が実行され、予定通り半減期(bitcoin halving)を迎えたことが確認された。なお630,000ブロックをマイニングしたのはBitmain傘下のAntPoolとなった。

これにより、ブロック報酬は12.5BTCから6.25BTCに減少した。

630,000ブロック。ブロック報酬が6.25BTCになっていることが確認できる「chainFlyer by bitFlyer」より

次回の半減期は今回のブロックからさらに210,000ブロック後を予定している。1ブロック10分で生成されると仮定すれば、約4年後の2024年の5月になる予定だ。なおその際のマイニング報酬は3.125BTCとなる。

半減期直前の629,999ブロックに書き込まれたメッセージ

なお2009年にサトシ・ナカモトがビットコインのジェネシスブロックを作った際に英Times紙の2009年1月3日の見出し「Chancellor on brink of second bailout for banks(銀行救済に二度目の公的資金注入へ)」を書き込んだことは有名な話だが、それになぞらえてか、今回の半減期に際して直前の最終ブロック629,999には2020年4月9日の米NYタイムズのニュース記事の見出しが引用・記載されていた。

629,999ブロックに書き込まれていたのは「NYTimes 09/APR/2020 With $2.3 Trillion Injection, Fed’s Plan Far Exceeds Its 2008 Rescue(米連邦準備制度理事会FRBが追加で提供する2兆3000億ドルは、2008年の救済額を超える)」という新型コロナウイルス対策におけるFRBの緊急資金供給策に関する記事の見出しだった。

629,999ブロック目に書かれたメッセージ「chainFlyer by bitFlyer」より

編集部のコメント

ビットコインでは、ビットコインの新規発行がブロック生成報酬(一定額)の付与という形で行われます。ビットコインの半減期とは、一定期間(210,000ブロック)ごとにこの報酬を半減することを指し、これはビットコインが動き出してから設計されプログラムされている仕組みです。そして最終的には報酬がゼロになり、新規発行も止まるように設計されています。

このようにプログラムによって発行数を減らしていくことでビットコイン価格のインフレを抑制する効果が期待されていますが、マイニング業者にとっては半減期に準じて価格が上がっていかないとその分収益も減って事業継続が難しくなるリスクもあります。

本日以降ビットコインの価格がどうなっていくのかについて注目です。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:Ilya-Boldenkov)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。