米仮想通貨取引所ジェミナイがBATの取り扱いを開始

米仮想通貨取引所ジェミナイがBATの取り扱いを開始

米国仮想通貨取引所ジェミナイ(Gemini)が、ベーシックアテンショントークン(BAT)の取り扱いを開始することを4月6日プレスリリースにて発表した。

ベーシックアテンショントークン(BAT)は、デジタル広告の新しいエコシステムを目指して開発されたWebブラウザ「Brave」上で使用される、ERC-20規格のトークンだ。

同通貨の取り扱いは、米国東部標準時間で4月24日9:30より入金が開始され、取引はその後まもなく行われるとのことだ。

現在ジェミナイでは、ビットコイン (BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、Zキャッシュ(ZEC)の5銘柄が取り扱われており、BATはジェミナイでの6番目の取り扱い通貨となる。

またBATは、米ドル(USD)、BTC、ETHを取引ペアとし、注文板と大口取引向けの自動システムの両方で取引されるとのことだ。

編集部のコメント

仮想通貨取引所ジェミナイは、ウィンクルボス兄弟がFacebookマーク・ザッカーバーグへの訴訟で勝ち取った賠償金をビットコインへ投資し、その投資金が元手になって立ち上げられた取引所です。ジェミナイは現在、アメリカ51の州とカナダ、香港、シンガポール、韓国、イギリス、そしてオーストラリアでサービスを提供しています。

Braveを提供するBrave Software社は、仮想通貨取引所バイナンスと3月に提携し、ユーザーがバイナンスのサイトを介さずに、Braveブラウザ上で仮想通貨の瞬時取引(インスタントスワップ)などが可能になっています。

なおBATは、日本の仮想通貨取引所GMOコインが、3月18日より取扱開始をしています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

アマゾンがアメリカでブロックチェーン活用のサプライチェーン領域の特許取得、アクセンチュアらのデジタルドルプロジェクトがホワイトペーパー発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

アマゾンがアメリカでブロックチェーンを活用したサプライチェーン領域の特許を取得、アクセンチュアらのデジタルドルプロジェクト(Digital Dollar Project)がホワイトペーパーを発表、Digital Entertaiment Asset社が中国アリババグループAlibaba Picturesとパートナーシップ契約を締結、暗号資産(仮想通貨)を利用したCtoCマッチングプラットフォームAvacusが暗号資産交換業者への届出、CoinbaseがTezosステーキングサービスの提供範囲を拡大