Coinbaseが運営するDefiファンドがUniswapに100万USDC、PoolTogetherに10万USDCを投資

Coinbaseが運営するDefiファンドがUniswapに100万USDC、PoolTogetherに10万USDCを投資

仮想通貨取引所Coinbaseが運営するUSDC Bootstrap FundがDefiプロトコルUniswapに100万USDC、DefiアプリPoolTogetherに10万USDCを投資したことを発表した。

USDCとDeFiの成長を促すために、Coinbaseは2019年9月に200万ドルの初期資金調達で「USDC Bootstrap Fund」を立ち上げた。そして、USDC Bootstrap Fundは、スマートコントラクトプロトコルに直接投資し、プロトコルの成長を目指す起業家や開発者に重要な早期流動性を提供している。

2019年9月にUSDC Bootstrap Fundは1号案件として、DefiプロトコルCompoundとdYdXにそれぞれ100万USDC投資している。

編集部のコメント

このブロックチェーンプラットフォームを提供するOpen Health Network社は、2013年に設立されました。同社は、ブロックチェーン、AI、ビッグデータを利用して、患者、医療提供者、その他の関係者向けのヘルスアプリケーションを開発しています。同社にはもう一つ、PatientSphere(ペイシャントソフィアー)というソリューションがあり、ユーザーが健康データをコントロールして収益化できるようにしています。

コロナウイルスのような有事の場合、医療従事者が継続的に直接患者のことを観察できないことがあります。その場合、ブロックチェーンのデータ取引のリアルタイム性が非常に有用なのだと、このユースケースは示してくれているとあたらしい経済編集部は考えます。

一方、患者の医療データは機密情報で、どのようにセキュリティを担保しているかを明らかにすれば、より医療領域にブロックチェーンん適用が進んでいくと考えられます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)
イメージ:(Guzaliia-Filimonova)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/7話題】バイナンスチェーンが一時停止、フルグルがDiamond Hands支援など(音声ニュース)

バイナンススマートチェーンが停止、ブリッジのハッキング被害額1.1億ドル、【取材】ビットコイン基盤でスマコン実現目指す、フルグルがDiamond Hands支援、【取材】LINEやOasys参加、ミシカルゲームズが財団と独自トークン「MYTH」とDAO発表、MakerDAO、DAIの裏付け資産5億ドル分を米国債・社債に投資へ、暗号資産カストディXalts、シティやポリゴン創業者らから約8.7億円調達、ポリゴン(MATIC)が海洋保護団体「OCEEF」と提携、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業ライセンス取得、ダッパーラボ、スペイン「ラリーガ」のNFTプラットフォーム「リーガ・ゴラッソ」β版ローンチ、ニアプロトコル(NEAR)、グーグルクラウドと提携、Bリーグ「香川ファイブアローズ」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored