BakktがシリーズBで3億ドルをBCGやMicrosoftなどから資金調達

BakktがシリーズBで3億ドルをBCGやMicrosoftなどから資金調達

BakktがシリーズBで3億ドルの資金調達を行ったことが明らかになった。このラウンドの投資家は、Intercontinental Exchange、MicrosoftのM12、PayU、BCG(Boston Consulting Group)、Goldfinch Partners、CMT Digital、Pantera Capitalなどとなっている。

Bakkt CEOのMike Blandina(マイク・ブランディナ)氏は「シリーズBの資金調達とBridge2 Solutionsの2月の買収完了により、Bakktは現在350人の従業員がいるチームになりました。そして現在Bakktは、上位10の金融機関のうち7つと、米国最大の2つを含む4,500を超えるロイヤリティやインセンティブプログラムの償還プログラムを推進しています」とコメントしている。

さらに同氏は「2020年夏にBakktアプリがリリースされると、1兆ドル近くのデジタル資産を市場に解放できる可能性があるので、とても興奮しております」とコメントしている。

そしてスターバックスとBakktアプリが統合されていることも明らかになった。Starbucksの広報担当者によると「同社とBakktの継続的な戦略的パートナーシップは、顧客が仮想通貨をドルに交換できる支払いオプションを顧客に提供するという長期計画によるものです。スターバックスは、消費者がスターバックスで使用するためにデジタル資産を米ドルに変換するための実用的で信頼できる規制されたアプリケーションの開発において、Bakktの戦略的立ち上げパートナーであり続けますし、私たちは、さまざまな仮想通貨が顧客の支持を獲得することを期待しており、Bakktとの連携を通じて、スターバックスで顧客に新しいユニークなシームレスな支払い方法を絶えず検討し、提供できる独自の立場になっていきたいです」とTheBlockにコメントしている。

編集部のコメント

Bridge2 Solutionsは、2006年に設立された企業です。母体は、ロンドン国際石油取引所となっています。Bridge2 Solutionsが提供しているプロダクトは、企業向けのロイヤリティプログラムがメインでLoyalty Pay、Rewads Suite、Pay with Points、Fraud Protection Suite、Program Managementの7つとなっています。業界に隔たりなく、世界中の企業へロイヤリティプログラムを提供してきました。Bakktはそのような企業の買収を完了させ、3億ドルの資金調達を完了させたということは、今後、大きな展開を起こすのは明らかではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

バイナンスのテスラ株式トークン、米国でビットコインETFなどのニュース解説ラジオ

バイナンスがテスラの株式トークンの取引サービスを提供開始、米SECへ新たにビットコインETFが申請、ギャラクシーデジタルが目論見書提出、ポリゴンが企業向けの取り組み拡大、NFT・DeFi・保険領域、取締役の報酬をビットコインで支払いへ、米マイクロストラテジー発表、ニューヨーク証券取引所、上場企業のファースト・トレードを記録したNFT発行、【記録達成理由の取材あり】ビットバンクの預かり資産が2,898億円に(代表取締役社長 廣末紀之インタビュー)、エイベックス・テクノロジーズが次世代型著作権流通システム「AssetBank」発表、JCBI共同運営のブロックチェーン活用、NFT活用「デジタル付録」を全国書店で展開へ、メディアドゥとトーハン、【速報】ブロックチェーン/仮想通貨に関するライター育成強化と電子出版事業を開始、あたらしい経済とtechtec「PoL」提携

【速報】ブロックチェーン/仮想通貨に関するライター育成強化と電子出版事業を開始、あたらしい経済とtechtec「PoL」提携

あたらしい経済は学習サービスPoL(ポル)を運営する株式会社techtecと業務提携することを発表しました。 この提携により、techtecのブロックチェーン・暗号資産領域のライティング技術が学べる「PoLライターコース」受講の方に「あたらしい経済」での執筆機会をご提供します