DeFi特化のVC「Framework Ventures」がFutureswapとCommon Labsに合計90万ドルを出資

DeFi特化のVC「Framework Ventures」がFutureswapとCommon Labsに合計90万ドルを出資

DeFi領域特化のVC「Framework Venturs」が分散型先物取引所「Futureswap」へ40万ドル、PoSブロックチェーンedgewareの開発企業「Common Labs」に50万ドル投資をしたことが、The Blockの報道で明らかになった。さらに、同社はEdgewareへ20,000ETHをスマートコントラクトへロックしたことも明らかになっている。

Framework Venturesの創設者のMichael Anderson(マイケル・アンダーソン)氏は「Framework Venturesは、既存のベンチャーキャピタル企業とは異なるアプローチを取り、通貨の単純な購入を超えて、ネットワークの開発をサポートしています。一般的なベンチャーキャピタリストは、これらの資産を購入し、保持します。そして、ヘッジファンドはトークンを交換してリターンを出します。その他の企業はプロトコルの上にアプリケーションを構築します。Framework Venturesの考えとしては、ネットワークの価値を最大化するためには、ベンチャーキャピタリスト、ヘッジファンド、開発企業らが行う3つの行動を全て行うことだと考えています」とThe Blockに答えている。

今後は、Defi領域でも特にデリバティブ取引、貸付、借入に絞って投資をしていくとのこと。そして、ステーブルコインはアプリケーションレイヤー特に、ゲーム、コマース、コンテンツ領域において重要とのこと。

編集部のコメント

Framework Ventuersは、LPに BDC Capital、Cadillac Fairview、Royal Bank of Canada、およびKensington Capitalが管理するBC Tech Fundなどが存在しています。これまでDefi領域への投資は、ChainlinkとSynthetixに対して行ってきました。Chainlinkへの出資額は明らかになっていないですが、Synthetixへは380万ドルの出資と、500万SNX(Synthetixが発行するトークン)を購入しています。

続いて、Common Labsについての説明です。Common LabsはPolkadotエコシステムでスマートコントラクトプラットフォームであるEdgewareを開発しています。Edgewareは、効果的なオンチェーンガバナンスを実現することを目指しています。

Framework Venturesが従来のベンチャーキャピタルの役割、ヘッジファンドの役割、開発企業の役割全てを担うことで、新たなベンチャーキャピタル、投資手法を生み出そうとしていて、非常に興味深いです。未だあらたなベンチャーキャピタルの形は体系化できていないので、リサーチを深めていきたいとあたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。