DeFi特化のVC「Framework Ventures」がFutureswapとCommon Labsに合計90万ドルを出資

DeFi特化のVC「Framework Ventures」がFutureswapとCommon Labsに合計90万ドルを出資

DeFi領域特化のVC「Framework Venturs」が分散型先物取引所「Futureswap」へ40万ドル、PoSブロックチェーンedgewareの開発企業「Common Labs」に50万ドル投資をしたことが、The Blockの報道で明らかになった。さらに、同社はEdgewareへ20,000ETHをスマートコントラクトへロックしたことも明らかになっている。

Framework Venturesの創設者のMichael Anderson(マイケル・アンダーソン)氏は「Framework Venturesは、既存のベンチャーキャピタル企業とは異なるアプローチを取り、通貨の単純な購入を超えて、ネットワークの開発をサポートしています。一般的なベンチャーキャピタリストは、これらの資産を購入し、保持します。そして、ヘッジファンドはトークンを交換してリターンを出します。その他の企業はプロトコルの上にアプリケーションを構築します。Framework Venturesの考えとしては、ネットワークの価値を最大化するためには、ベンチャーキャピタリスト、ヘッジファンド、開発企業らが行う3つの行動を全て行うことだと考えています」とThe Blockに答えている。

今後は、Defi領域でも特にデリバティブ取引、貸付、借入に絞って投資をしていくとのこと。そして、ステーブルコインはアプリケーションレイヤー特に、ゲーム、コマース、コンテンツ領域において重要とのこと。

編集部のコメント

Framework Ventuersは、LPに BDC Capital、Cadillac Fairview、Royal Bank of Canada、およびKensington Capitalが管理するBC Tech Fundなどが存在しています。これまでDefi領域への投資は、ChainlinkとSynthetixに対して行ってきました。Chainlinkへの出資額は明らかになっていないですが、Synthetixへは380万ドルの出資と、500万SNX(Synthetixが発行するトークン)を購入しています。

続いて、Common Labsについての説明です。Common LabsはPolkadotエコシステムでスマートコントラクトプラットフォームであるEdgewareを開発しています。Edgewareは、効果的なオンチェーンガバナンスを実現することを目指しています。

Framework Venturesが従来のベンチャーキャピタルの役割、ヘッジファンドの役割、開発企業の役割全てを担うことで、新たなベンチャーキャピタル、投資手法を生み出そうとしていて、非常に興味深いです。未だあらたなベンチャーキャピタルの形は体系化できていないので、リサーチを深めていきたいとあたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored

暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表

暗号資産(仮想通貨)用ハードウェアウォレット開発企業の「レジャー(Ledger)」が、NFTマーケットプレイスの立ち上げと、その他複数の新サービスをローンチすることが分かった。ニューヨークで開催中のNFTイベント「NFT.NYC」での「Ledger Op3n カンファレンス」で、6月22日に同社が発表した。

【取材】ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ

ソラナ(Solana/SOL)ブロックチェーンの主要開発元ソラナラボ(Solana Labs)の子会社が、web3スマートフォン「Saga」を6月24日に公開した。ソラナモバイル(Solana Mobile)とスマホ開発企業OSOMが連携し、「Saga」を開発しているとのこと。販売は2023年Q1の予定で、現在ウェイティングリストが公開されている。ウェイティングリストに登録するには、前払金として100USDC(Solana基盤)が必要となっている。