仮想通貨ブローカー企業「Tagomi」がLibra協会へ参画

仮想通貨ブローカー企業「Tagomi」がLibra協会へ参画

仮想通貨ブローカ企業「Tagomi(タゴミ)」がLibra協会へ参画することが、Techcrunchの報道によって明らかになった。

Tagomiは、機関投資家、大口トレーダらが仮想通貨市場に簡単にアクセスできるプラットフォームを提供している。

今後Libra協会でTagomiは、仮想通貨のセキュリティ性を高め、国際法に準拠するために、Libraへ技術的な要件定義などのサポートをしていく予定とのことだ。

編集部のコメント

Tagomiは、Libra協会のメンバーでもあるUnion Square Venturesの元投資家であるJennifer Campbell(ジェニファー・キャンベル)氏によって、設立されました。 会社には5つのオフィスに25人の従業員がいます。

Tagomiへ投資していることが明らかになっているのは、PARADIGM、ELECTRIC CAPITAL、FOUNDERS FUND、CRESCENT CRYPOT、PANTERA、Multicoin Capital、MORGAN GREEK CAPITAL MANAGEMENT、GALAXY DIGITAL、Bitwise、PARAFI Capitalとなっています。アメリカのベンチャーキャピタルの中で、クリプトを生業にしているところからは、ほぼ出資をされている現状です。

そして、ここにきてLibra協会へ参加企業が増えてきたのも注目すべきです。2月21日には、Shopifyが参加を表明しました。これまで、Vodafone, Visa, Mastercard, Stripe, PayPal, Mercado Pago, Bookings Holdings, eBayの協会参加取りやめがありましたが、Libraへの風向きは変わっていくのではないか、とあたらしい経済編集部は考えます。

今後、Libraへ参画する企業は、スタートアップ企業の中でも特に、ブロックチェーン、仮想通貨関連、クラウドベースのSaaS企業が増えていくのではないかと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/20話題】FTX USが株式取引ベータ版提供、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携など(音声ニュース)

FTX USが株式取引ベータ版提供、米ドルステーブルコインUSDCにも対応、【取材】「寺DAO」で暗号資産調達、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携、web3ゲーム企業AzraGames、a16z主導シードラウンドで約19.2億円調達、ジャミロクワイがメタバース進出、「The Sandbox」と提携、ブラジルサッカー「ECバイーア」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger Fabric採用

Sponsored