仮想通貨ブローカー企業「Tagomi」がLibra協会へ参画

仮想通貨ブローカー企業「Tagomi」がLibra協会へ参画

仮想通貨ブローカ企業「Tagomi(タゴミ)」がLibra協会へ参画することが、Techcrunchの報道によって明らかになった。

Tagomiは、機関投資家、大口トレーダらが仮想通貨市場に簡単にアクセスできるプラットフォームを提供している。

今後Libra協会でTagomiは、仮想通貨のセキュリティ性を高め、国際法に準拠するために、Libraへ技術的な要件定義などのサポートをしていく予定とのことだ。

編集部のコメント

Tagomiは、Libra協会のメンバーでもあるUnion Square Venturesの元投資家であるJennifer Campbell(ジェニファー・キャンベル)氏によって、設立されました。 会社には5つのオフィスに25人の従業員がいます。

Tagomiへ投資していることが明らかになっているのは、PARADIGM、ELECTRIC CAPITAL、FOUNDERS FUND、CRESCENT CRYPOT、PANTERA、Multicoin Capital、MORGAN GREEK CAPITAL MANAGEMENT、GALAXY DIGITAL、Bitwise、PARAFI Capitalとなっています。アメリカのベンチャーキャピタルの中で、クリプトを生業にしているところからは、ほぼ出資をされている現状です。

そして、ここにきてLibra協会へ参加企業が増えてきたのも注目すべきです。2月21日には、Shopifyが参加を表明しました。これまで、Vodafone, Visa, Mastercard, Stripe, PayPal, Mercado Pago, Bookings Holdings, eBayの協会参加取りやめがありましたが、Libraへの風向きは変わっていくのではないか、とあたらしい経済編集部は考えます。

今後、Libraへ参画する企業は、スタートアップ企業の中でも特に、ブロックチェーン、仮想通貨関連、クラウドベースのSaaS企業が増えていくのではないかと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

EYがEY OpsChain Network Procurement発表、コインチェックがイーサリアムクラシックの板取引開始、バイナンスがVenus Protocol発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

監査法人EYがパブリックブロックチェーンを活用したグローバルな調達ソリューション「EY OpsChain Network Procurement」を発表、コインチェックがイーサリアムクラシックの板取引サービス開始、バイナンスが新たなDeFiプロジェクト「Venus Protocol」を発表、ニュージーランドの規制当局が暗号資産(仮想通貨)を取り扱う企業に対して顧客情報の提出を要求

ニュージーランドの規制当局が暗号資産(仮想通貨)を取り扱う企業に対して顧客情報の提出を要求

ニュージーランドの国税管理機関である内国歳入庁(IRD)がニュージーランド国内の暗号資産(仮想通貨)取り扱い企業に対して顧客情報の提出を求めていることがわかった。ニュージーランドの現地メディアであるRadio New Zealand(RNZ)が報じた。

コンセンシスが香港の中央銀行デジタル通貨プロジェクトメンバーに、アントGがBC利用の国際貿易プラットフォームTruspleローンチなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ブロックチェーン開発企業コンセンシスらが香港金融管理局主導の中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクトのメンバーに、アリペイのアントグループがブロックチェーンを活用した国際貿易プラットフォーム「トラスプル(Trusple)」をローンチ、オントロジーがダイムラーと提携しモビリティソリューション「Welcome Home」を発表、スタートバーンと現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)がグローバルマーケット進出に向け提携

オントロジーがダイムラーと提携しモビリティソリューション「Welcome Home」を発表

分散型パブリックブロックチェーンプラットフォーム「オントロジー(Ontology)」が独自動車大手「ダイムラー(Daimler Mobility AG)」のブロックチェーンプロジェクト「Daimler Mobility AG Blockchain Factory」と提携したことを9月24日発表した。この両社の提携によりドライバーは安全性の高い新しいデジタルドライブサービスを体験することができるようになるとのことだ。

アリペイのアントグループがブロックチェーンを活用した国際貿易プラットフォーム「トラスプル(Trusple)」をローンチ

アリペイ(Alipay)を運営するアントグループ(Ant Group)が中小企業や銀行向けの国際貿易のための新しいブロックチェーンプラットフォーム「トラスプル(Trusple)」を9月25日に発表した。トラスプルはBNPパリバ(BNP Paribas)、シティバンク(Citi Bank)、DBS銀行(DBS Bank)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)、スタンダードチャータード(Standard Chartered)と既に提携している。