仮想通貨ブローカー企業「Tagomi」がLibra協会へ参画

仮想通貨ブローカー企業「Tagomi」がLibra協会へ参画

仮想通貨ブローカ企業「Tagomi(タゴミ)」がLibra協会へ参画することが、Techcrunchの報道によって明らかになった。

Tagomiは、機関投資家、大口トレーダらが仮想通貨市場に簡単にアクセスできるプラットフォームを提供している。

今後Libra協会でTagomiは、仮想通貨のセキュリティ性を高め、国際法に準拠するために、Libraへ技術的な要件定義などのサポートをしていく予定とのことだ。

編集部のコメント

Tagomiは、Libra協会のメンバーでもあるUnion Square Venturesの元投資家であるJennifer Campbell(ジェニファー・キャンベル)氏によって、設立されました。 会社には5つのオフィスに25人の従業員がいます。

Tagomiへ投資していることが明らかになっているのは、PARADIGM、ELECTRIC CAPITAL、FOUNDERS FUND、CRESCENT CRYPOT、PANTERA、Multicoin Capital、MORGAN GREEK CAPITAL MANAGEMENT、GALAXY DIGITAL、Bitwise、PARAFI Capitalとなっています。アメリカのベンチャーキャピタルの中で、クリプトを生業にしているところからは、ほぼ出資をされている現状です。

そして、ここにきてLibra協会へ参加企業が増えてきたのも注目すべきです。2月21日には、Shopifyが参加を表明しました。これまで、Vodafone, Visa, Mastercard, Stripe, PayPal, Mercado Pago, Bookings Holdings, eBayの協会参加取りやめがありましたが、Libraへの風向きは変わっていくのではないか、とあたらしい経済編集部は考えます。

今後、Libraへ参画する企業は、スタートアップ企業の中でも特に、ブロックチェーン、仮想通貨関連、クラウドベースのSaaS企業が増えていくのではないかと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している