前Coinbase社長兼COOがブロックチェーンユニコーン企業Figure Technologiesの社長へ

前Coinbase社長兼COOがブロックチェーンユニコーン企業Figure Technologiesの社長へ

米サンフランシスコ拠点のブロックチェーン企業「Figure Technologies」は前Coinbase President&COOのAsiff HirijiをPresidentとして迎え入れたことを明らかにした。同氏はCoinbaseの前はa16zでオペレーティングパートナーとして1年間勤めた。これまでのキャリアを振り返ると、TD Ameritradeの社長兼COOを務め、その不動産ビジネスを国内最大のオンラインブローカーとして6倍規模の成長させた。 さらに、同氏は、TPG Capital、Saxo Bank、HP、およびBain Capitalでシニアリーダーとしての役割も果たしてきた。

直近のCoinbaseでは、Asiff Hiriji氏は2019年5月まで18ヶ月間勤め、その間にCoinbase社は10億ドルの収益と80億ドルの時価総額を評価された。

Figure Technologiesはブロックチェーンを用いた消費者向けの金融サービスを提供している。同社はユニコーン企業となっていて、事業は住宅や学生ローン商品を提供している。

Figure TechnologiesのCEO兼FounderのMike Gagney(マイク・ガグニー)氏は「Asiffは、すでに世界中の金融サービスの変革を推進するために、Figureの成長をマネジメントする道筋に関して重要なアドバイザーとなっていました。金融サービス業界での彼の深い経験と、企業が成長を促進し、管理するのを支援してきた彼の長い歴史は、いずれも我々の成長と新しい形のマーチャントバンクの創出にとって重要になります」とコメント。

ASiff Hiriji(アシフ・ヒルジ)氏は「ブロックチェーンは金融サービスのコストをクラッシュさせ、製品をより手頃な価格ですべての人が利用できるようにします。 Figure Technologiesは、実際にその未来を実現する数少ない企業の1つです。より手頃な価格で製品を手にするチャンスはより多くの金融商品に拡大し、マーチャントバンクの機能をすべての金融機関に開放することができるでしょう。 ブロックチェーンはそれを実現させることができる技術だと確信しています」とコメント。

編集部のコメント

Figure Technologies社は2018年にシリアルアントレプレナーであるマイク・カグニーが設立した企業です。同社は12月5日にシリーズCラウンドで1億300万ドルの資金調達を完了させています。このシリーズCラウンドには、MUFG Innovation Partnersも参画しています。

記事:Figure Technologies, Inc. への出資について

同社は、リクルートなどが出資をしているProvenanceのブロックチェーンプラットフォームを活用して、住宅ローン、学生ローンなどの貸出プロセスを簡素化しています。今後はサプライチェーンファイナンスにも参入する可能性があることも示唆されています。

記事:金融商品の組成・販売における効率性を向上するブロックチェーンプラットフォームを提供するProvenanceへ出資

このように今後、住宅ローン、学生ローンなど貸出までの認証・承認プロセスに時間がかかったものが、簡素化され、消費者が利用しやすくなり、選択肢が広がっていくことが予想できます。この流れは、昨日のCrowzのニュースでもお伝えましたが、グローバルトレンドではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。

(アンダーソン・毛利・友常法律事務所の長瀨威志弁護士のコメント追記)米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生

アメリカの暗号資産(仮想通貨)を運営するクラーケン(Kraken)がアメリカのワイオミング州より「クラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)」の設立申請を認可されたことを発表した。

ワイオミング州でデジタル銀行クラーケン・フィナンシャル誕生、ユニスワップがプロトコルトークンUNI発表、バハマで10月CBDC発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生、分散型金融プラットフォームのユニスワップがプロトコルトークン「UNI」を発表、ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ、バハマ中央銀行がデジタル通貨を10月発行へ、ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

(Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、マネーパートナーズグループ社長室の鈴木雄大氏コメントあり)分散型金融プラットフォームのユニスワップがガバナンストークン「UNI」を発表

分散型金融(DeFi)プラットフォームを提供するユニスワップ(Uniswap)がプロトコルトークン「UNI」を発行し、流動性マイニングを行うことを9月16日に発表した。流動性マイニングは日本時間の2020年9月18日午前9時に開始される予定。分散型金融の観点で言及されている流動性マイニングとは、ユーザーが分散型プラットフォームにトークンを供給することで、プラットフォーム側からプロトコルトークンを配布される仕組みのことである。

ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ

米総合メディア企業ワーナーメディア(Warner Media, LLC)の子会社であるターナースポーツ(Turner Sports)がブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチしたことを9月16日発表した。なおこのプラットフォーム初のゲームタイトル「Blocklete Golf」のローンチも併せて発表されている。