Crowdzがブロックチェーンベースの請求書システムをローンチ

Crowdzがブロックチェーンベースの請求書システムをローンチ

米カリフォルニア拠点のブロックチェーン企業のCrowzがブロックチェーンベースの請求書システム「invoiceExchange」のパイロット版をリリースしたことが、「Ledger Insights」によって明らかになった。

invoiceExchangeが提供するのは、中小企業が資金調達するために、未払いの請求書をオークションにかけられるサービス。

CrowdzのCEO兼共同設立者であるPayson Johnston(ペイソン・ジョンストン)氏は「キャッシュフローは、中小企業が成功するかどうかの最大の決定要因です。売掛金プロセスをデジタル化することにより、InvoiceExchangeはより良いキャッシュフローと自動支払いの両方を実現できます。さらに、企業はブロックチェーンにより監査能力が向上し、信用力が向上します」とコメント。

さらに同氏は「中小企業は各国の経済を支えるバックボーン的存在です。 Crowdzの目標は、リアルタイムの運転資金へのアクセスを可能にし、より多くの企業が繁栄できるようにすることで、中小企業の収益性を加速することです」とコメントした。

編集部のコメント

Crowzは2014年にアメリカカリフォルニア州で設立された企業です。そして、2019年に同社はBarclays BankとBOLD Capital Partnersが率いるシリーズAで550万ドルを調達しました。Crowzと同様に、中小企業向けの資金調達プロセスの改善にブロックチェーンを適用させる事例は増えています。

例えば、中国では、アリババ、アントフィナンシャル、バイドゥなどが中小企業への資金調達プロセスを改善するためにブロックチェーンを活用しています。そして、トレードファイナンス領域では、dltledgers、we.trade、komgo、Letter of Credit、Marco Polo Networkなどのコンソーシアムなども存在して、競争が盛んです。グローバルトレンドとして、中小企業向けのトレードファイナンスは要注目領域だと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:ririe777)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored