香港金融庁とタイ銀行が中央銀行デジタル通貨に関する実証実験成果を報告

香港金融庁とタイ銀行が中央銀行デジタル通貨に関する実証実験成果を報告

香港金融庁(HKMA)とタイ銀行(BoT)が中央銀行デジタル通貨調査プロジェクト「Inthanon-LionRock」で、CBDCを利用した国際送金の実証実験結果を発表

実証実験に参加したのは、香港の2つの商業銀行とタイの8つの商業銀行。具体的には、香港の2つの銀行はHSBCとZA銀行、タイの金融機関は、HSBC、スタンダードチャータード、バンコク銀行、クルンタイ、クルンスリ、カシコーン銀行、サイアム商業銀行、タナチャート銀行となっている。

実証実験で利用された技術プラットフォームは、R3社が提供するCordaで、技術パートナーはCryptoBLK ・目的は、コルレス銀行のネットワークを利用せず、銀行間だけで直接ペイメントを可能にできるかを確かめることだった。

実証実験で検証されたことは、コルレス銀行を介さずに、リアルタイム決済ができたため、ペイメント効率が改善されたこと、そして CBDCトークンは、通常資産を結び付けるNostro Account(のストロアカウント)の役割を置き換えるため、流動性が上がった。

さらに、トランザクションはリアルタイムで報告され、商業銀行の報告作業が軽減された。さらに、このCBDCを活用したペイメントモデルは世界の金融市場のニーズに合わせて拡張できることがわかった。

編集部のコメント

CBDCを理解する上で重要な、PvP決済やDvP決済という言葉を説明します。PvPとは、Payment Versus Paymentの略で、多国通貨同時決済と呼称されています。海外企業と日本企業が取引するときに、日本の決済システムと海外の決済システムなど異なる種類の決済システムを結びつけて、取引を行う手段です。

現状のPvPの課題として、異なるシステムを結びつけているので、決済処理に時間がかかり、仲介をしているコルレス銀行に手数料が支払われていることが挙げられます。

続いて、DvPの説明をします。DvPとは、Delivery versus Paymentの略で、証券、債券、資金の引渡し(Delivery)と代金の支払い(Payment)を相互に条件を付け、一方が処理されない限り、他方も処理が行われないようにすることをいいます。

これは、当事者が資金や債券を提供したにも関わらず、他方から債券や証券を受け取れないリスクを防ぐための仕組みです。CBDCの最大の特徴は、中央銀行が準備金を担保させながら、プログラマブルな通貨を実現できることです。

あたらしい経済は、これから世界中で発行されていくであろうCBDCに関して、官民のバランスが保たれながら、各国が成長できるポイントは何かを考えていきたいと思います。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Guzaliia-Filimonova )

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored

暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表

暗号資産(仮想通貨)用ハードウェアウォレット開発企業の「レジャー(Ledger)」が、NFTマーケットプレイスの立ち上げと、その他複数の新サービスをローンチすることが分かった。ニューヨークで開催中のNFTイベント「NFT.NYC」での「Ledger Op3n カンファレンス」で、6月22日に同社が発表した。

【取材】ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ

ソラナ(Solana/SOL)ブロックチェーンの主要開発元ソラナラボ(Solana Labs)の子会社が、web3スマートフォン「Saga」を6月24日に公開した。ソラナモバイル(Solana Mobile)とスマホ開発企業OSOMが連携し、「Saga」を開発しているとのこと。販売は2023年Q1の予定で、現在ウェイティングリストが公開されている。ウェイティングリストに登録するには、前払金として100USDC(Solana基盤)が必要となっている。