暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道

パラダイムが新ファンドで約1,138億円調達=報道

米暗号資産(仮想通貨)特化のベンチャーキャピタル「パラダイム(Paradigm)」が、新ファンドである「第3ファンド(third fund)」で約1,338億円(8.5億ドル)の資金調達を完了した。メディア「ブルームバーグ(Bloomberg)」が6月13日報じた。

「パラダイム」は今年4月、第3ファンドにおける7.5億ドルから8.5億ドルの調達に向けて投資家と交渉中であることが報じられていた。報道時のレートで日本円にすると約1,138億円から約1,289億円となる。

そして「パラダイム」は今回の調達により、2022年5月に暗号資産市場が暴落した以降で業界最大のファンドとなった。なお第3ファンドでは初期段階の暗号資産プロジェクトに投資していくとのこと。

「パラダイム」は、米コインベース・グローバル(Coinbase Global)の共同設立者フレッド・エルサム(Fred Ehrsam)氏と、セコイア・キャピタル(Sequoia Capital )の元パートナーであるマット・ファン(Matt Huang)氏によって2018年に設立されたVCだ。

「パラダイム」のこれまでの投資先には、アンバー(Amber)、ブラスト(Blast)、ブラー(Blur)、コインベース(Coinbase)、チェイナリシス(Chainalysis)、コンパウンド(Compound)、コスモス(Cosmos)、dYdX、ファイアブロックス(Fireblocks)、フレンドテック(friend.tech)、マジックエデン(Magic Eden)、メイカー(Maker)、ムーンペイ(MoonPay)、オープンシー(OpenSea)、オプティミズム(Optimism)、オズモシス(Osmosis)、ファントム(Phantom)、スタークウェア(Starkware)、ユニスワップ(Uniswap)などの多くの著名プロジェクトが並んでいる。

ちなみに「パラダイム」は202111月には当時約2,800億円(25億ドル)規模のファンドを組成しており、市場暴落以降は最大のビークルとなっていた。

関連ニュース

参考:ブルームバーグ
images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道