メルカリの「ビットコイン取引サービス」、暗号資産口座の開設数が業界1位に=2023年度データで

暗号資産口座開設数が直近1年で業界1位に

フリマアプリ「メルカリ」のビットコイン取引サービスの直近1年による暗号資産口座開設数が、業界で第1位になったことが5月30日に発表された。

同サービスを提供するメルカリ子会社メルコインによると、上記対象期間は2023年4月1日〜2024年3月31日の1年間とのこと。なお同サービスの暗号資産口座数は、5月16日時点で220万口座を超えたとのことだ。

なお日本暗号資産取引業協会(JVCEA)による最新の暗号資産取引月次データによると、直近1年(2023年3月末〜2024年3月末時点)の新規口座開設数は約310万口座とのこと。そのうち、同期間のメルコインの暗号資産口座開設数は約191万口座とのことで、全体の過半数となる61.5%を占めるとのことだ。

また2024年3月末時点の口座数はメルコインが202万口座とのこと。なお参考情報として、コインチェックが4月25日時点で198万口座、GMOコインが4月時点で約63万口座であると各社の開示情報をもとにメルコインが伝えている。

「メルカリ」では、昨年3月よりビットコイン取引サービスを開始。そこから1年で利用者数は200万人を突破していた。

なおメルカリ提供の「ビットコイン取引サービス」では、BTCを1円から購入できる他、BTCの売却も可能。また売却により得た日本円残高でアプリ内での買い物も可能だ。ただしビットコインの入出庫(外部ウォレットへの送金等)は現状対応していない。

またメルコインは先日5月21日、「メルカリ」において新たに暗号資産イーサリアム(ETH)の取引サービスを提供開始した。

「メルカリ」のイーサリアム取引サービスでは、これまでビットコイン取引で提供してきたように、金融機関からチャージした残高や、メルカリで使わなくなったモノを売って得た売上金・ポイントを活用して、イーサリアムを1円から購入可能になるとのことだ。

メルコインはイーサリアムを採用した理由について「暗号資産をより身近なものとして感じていただけるように、取引量がビットコインに次ぐ第2位であるイーサリアムを導入した」と述べてる。

関連ニュース

参考:メルコイン
images:iStocks/Rawpixel

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored