ワールドコイン財団が虹彩コード削除、データを分散・秘密共有できるシステム導入で

ワールドコイン財団がSMPC導入

ワールドコイン財団(Worldcoin Foundation)が、データを個別に暗号化及び秘密に共有・分散できるシステム 「SMPC(Secure Multi-Party Computation:セキュアマルチパーティコンピュテーション)」の導入を5月16日発表した。

ワールドコインは「オーブ(Orb)」と呼ばれるボール状のデバイスで虹彩をスキャンし、各人それぞれの虹彩の特徴をデジタルコード「虹彩コード(Iris Code)」に変換することで、個人を識別する「World ID」を発行している。なおユーザーの個人認証を行う為のこの一連の技術は生体認証テンプレートと呼ばれている。

今回の「SMPC」導入により、「虹彩コード」はセキュリティとプライバシーの問題から同システムへ移行されたとのこと。

これにより「虹彩コード」は「SMPC」上で個別に暗号化され、複数の当事者によって分散して秘密共有することで、より安全にユーザーのデータを管理可能になったという。なお移行後に残った古い「虹彩コード」及びコードのチェックシステムは安全に削除されたとのこと。

これにより、ユーザーは自身の身元を明らかにせずに自分自身を証明でき、ユーザー同士による生体認証テンプレートの重複登録を防いで認証作業を行えるという。また成り済ましやディープフェイクなどからもユーザーを保護できるとのことだ。

なお「SMPC」は、ワールドコインが分散型コンピューティングにおけるプライバシーとセキュリティ問題に取り組むプロジェクトであるタセオ(TACEO)と共同開発したシステムとのこと。また同システムはギットハブ(GitHub)にてオープンソース化されているとのことだ。

ワールドコインとは

ワールドコインは、AIチャットボットサービス「ChatGPT」を提供する米オープンエーアイ(OpenAI)のCEOサム・アルトマン(Sam Altman)氏が立ち上げた暗号資産(仮想通貨)プロジェクトだ。

ワールドコインでは、独自の専用ブロックチェーン「ワールドチェーン(World Chain)」を今夏にリリースする予定とのこと。TFHによると「ワールドチェーン」はイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2ブロックチェーンだという。

ワールドコインは現在イーサリアムL2の「OPメインネット(OP Mainnet)」上で稼働しているが、同ネットワークのトランザクションが「OPメインネット」のアクティビティの約44%を占めていることなどの要因からネットワーク移行を進めるとのことだ。

関連ニュース

参考:ワールドコイン財団
images:iStocks/Irina-Shibanova

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored