Visaがユニコーン企業Plaidを53億ドルで買収

Visaがユニコーン企業Plaidを53億ドルで買収

VisaがPlaidを53億ドルで買収したことが、1月13日のプレスリリースによって明らかになった 。PlaidはAPIを利用し、スマートフォン向けアプリと銀行口座を安全に接続するサービスを提供している。Plaidにより、生活者は金融サービスをより安全に、はやく受けられるようになっている。

Plaidの顧客には、仮想通貨取引所Coibase、投資アプリのRobinhood、P2P決済アプリVenmo、American Express、Transferwiseなどが存在する。

VisaのCEO兼会長であるAl Kelly氏は「Plaidの買収により、今後Plaidがどのような成長曲線を描くか非常にワクワクしています。Plaidは急速に成長しているフィンテック企業のグローバルリーダーであり、最高の機能と才能を秘めています。この買収は、取引進行中ですが、開発者、金融機関、消費者など様々な人たちに大きな価値を与えるでしょう」とコメントしている。

そして、PlaidのCEO兼共同設立者であるZach Perret氏は「Plaidのミッションは、誰にとってもお金を節約することができる世の中を生み出すことです。私たちはこの挑戦を続けられることを嬉しく思います。そして、Visaは既に数十億の消費者、企業、金融機関から金融エコシステムの重要な部分として信頼されており、VisaとPlaidを組み合わせることで、よりデジタル金融サービスの急速な成長をサポートできるようになるでしょう」とコメントしている。

編集部のコメント

Plaidのサービスは日本でいうとMoney Forwardをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。アメリカ国内では、4人に1人がPlaidを利用していて、インターネットを利用できる世界の消費者の75%がフィンテックアプリケーションを使用していると、リリースに記載されています。VisaのPlaid買収の話は、アメリカで非常に話題になっていて、様々な金融機関の人がコメントを出しています。

例えば、JPMorgan Chaseの共同社長兼Consumer、Community BankingのCEOであるGordon Smith氏は「VisaのPlaid買収は、消費者に財務データの使用方法のセキュリティと制御を強化する上で重要な進展であると考えています。顧客データを保護しながら、顧客データの共有を安全に支援する仕組みが生み出されることは、JPMorganにとっても極めて重要な流れでした」とプレスリリースで発言しています。

Plaidは金融領域で、生活者にとってユーザビリティが高く、開発者にとってデベロッパーエクスペリエンスが高いサービスを提供してきました。VisaがPlaidの基盤に統合することはFintech市場において意義が高いと、あたらしい経済は考えています。そして、Plaidの顧客には仮想通貨を扱うCoinbase、Gemini、Robinhoodなどが含まれす。この買収により、Visaが仮想通貨とフィアット(法定通貨)が統合された流通・決済ネットワークが誕生させる可能性もあるのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:inkoly)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックが決済専門グループ「Facebook Financial」発足、Dapper LabsがNBA選手やCoinbaseなどから1200万ドル資金調達などから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックが決済専門のグループ「Facebook Financial」を発足、ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手、Coinbaseなどから1200万ドルの資金調達、慶應大学がブロックチェーンを活用して就活生の個人情報を守るマッチングプラットフォームの開発プロジェクトを発表

フェイスブックが決済専門のグループ「Facebook Financial」を発足

フェイスブックが決済やコマースの機会を追求するための新しいグループ「Facebook Financial」の発足を発表したとBloombergが報じた。「Facebook Financial」はフェイスブック社内ではF2と呼ばれていて、責任者にはフェイスブックらの暗号資産(仮想通貨)プロジェクトLibra(リブラ)の責任者でもあるDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏が着任したとのことだ。このグループは「Facebook Pay」「Novi」「WhatsApp」など決済プロジェクトを担当するようだ。

慶應大学がブロックチェーンを活用して就活生の個人情報を守るマッチングプラットフォームの開発プロジェクトを発表

慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンターとInstitution for a Global Society株式会社(IGS)が、ブロックチェーン技術を用いた個人情報の管理・活用を実現するシステム開発に関する共同研究「STAR(Secure Transmission And Recording)プロジェクト」を開始したことを8月11日発表した

ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手、Coinbaseなどから1200万ドルの資金調達

ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手のSpencer Dinwiddie(スペンサー・ディンウィディー)氏、 Andre Iguodala(アンドレ・イグオダラ)氏、Coinbase Venutresなどから1200万ドルの資金調達を行ったことを発表した。この資金調達の目的は独自ブロックチェーン「FLOW」開発のためとのことだ。今回の資金調達に参加したSpencer Dinwiddie氏は暗号資産に非常に明るいNBA選手。自身のシューズブランド「K8IROS」では暗号資産決済を取り入れていたり、2020年1月にはセキュリティートークン関連企業「Securitize」とデジタルトークンを発行をしたりしている。

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のBC技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル(約11億6,200万)の資金調達、中国の主要な国有商業銀行がデジタル人民元(DCEP)のウォレットアプリケーションの内部テスト開始か、日本政府がブロックチェーンでASEANの貿易基盤のデジタル化を支援

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに

ゴールドマンサックスのデジタルアセットのグローバル責任者であるMathew McDermott(マシュー・マクダーモット)氏が、同行のブロックチェーン技術へのインサイトとビジョンに関してCNBCのインタビューで語った。McDermott氏はそこでゴールドマンサックスが独自デジタル通貨発行の可能性も示した。