米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース

Kraken Walletがリリース

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所のクラーケン(Kraken)が、独自開発したセルフカストディ暗号資産(仮想通貨)ウォレット「クラーケンウォレット(Kraken Wallet)」のリリースを4月17日発表した。

「クラーケンウォレット」はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ポリゴン(MATIC)、ソラナ(SOL)、アービドラム(ARB)、オプティミズム(OP)、ベース(BASE)、ドージ(DOGE)といった8つのブロックチェーンに対応しているマルチチェーンウォレットとのこと。

また同ウォレットではトークンやNFT、DeFi(分散型金融)ポジションを全て1箇所でオンチェーン追跡できるという。

さらにセキュリティ面においては、ユーザーIDと位置情報の外部漏洩を防ぐ為に、ユーザーのアクティビティをクラーケン独自のインフラストラクチャを通じてIPアドレスが保護されているとのこと。

その為クラーケンでは、「クラーケンウォレット」におけるユーザーのサインイン情報やメールアドレス、KYC(本人確認手続き)認証情報を一切保持していないという。

また「クラーケンウォレット」は、第三者がソフトウェアのコード検証と監査を可能にする為に無料のオープンソースとしてギットハブ(GitHub)にて公開されているという。発表によるとウォレットのリリース時にソフトウェアをオープンソース化したのは、主要の暗号資産取引所の中でクラーケンが初とのこと。

関連ニュース

参考:クラーケン
images:iStocks/Molnia・LongQuattro

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資