イングランド銀行、「デジタルサンドボックス」の条件を設定

イングランド銀行が「デジタルサンドボックス」の条件設定

英金融規制当局が、テクノロジーの急速な進歩に対応するため、「現実世界」でデジタル証券を取引するための新たな「サンドボックス」に関する公開協議を4月3日に開始した。

「サンドボックス」は、管理された規制環境内で、実際に市場で顧客に対して新しいサービスをテストできる。

イングランド銀行(BOE)と金融行動監視機構(FCA)は共同提案の中で、サンドボックス内で既存の金融ルールを修正し、企業がデジタル化された債券や株式の取引や決済に、暗号資産を支える分散台帳技術やブロックチェーンなどの新技術を試せるようにすると述べた。

規制当局は、企業がどのようにサンドボックス内での活動を申請し、活動の規模を拡大するかについてのガイダンス案を協議している。

イングランド銀行(BOE)と金融行動監視機構(FCA)は、「初めて、単一の法人からこれらのサービスを提供できるようになる」と述べた。

「この分野での新技術の導入は、安全に行われれば、長期的には金融システムの効率性と回復力の向上を促進する技術変革につながる可能性がある」ともBOEとFCAから語られている。

新しいサンドボックスは5年間続き、株式や債券の所有権を現金と交換する証券決済の新たな恒久的な規制体制につながる可能性がある。

協議は5月29日まで行われ、夏には最終ガイダンスが公表される。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Bank of England sets out conditions for ‘digital sandbox’
(Reporting by Huw Jones; Editing by Emelia Sithole-Matarise)
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道