フィリピンSEC、バイナンスへのアクセス遮断措置講じる

未認可のプラットフォーム運営でアクセス遮断へ

フィリピンの証券取引委員会(SEC)が、国家電気通信委員会(NTC)と協力して大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)へのアクセスを3月25日遮断したようだ。SECの3月25日付の声明により明らかとなった。

声明によれば、3月12日にフィリピンSECは、バイナンスが使用するウェブサイトやその他のウェブページのブロックするよう、NTCに正式に要請することを承認したという。

バイナンスはフィリピンSECから認可を受けずにプラットフォームを運営しており、これらのウェブサイトやアプリへの一般市民の継続的なアクセスが、フィリピン人投資家の資金の安全性を脅かすとフィリピンSECは結論づけたという。

フィリピンSECは「同グループはソーシャルメディア上で積極的な宣伝キャンペーンを展開し、フィリピン人をそのプラットフォームを利用した投資や取引活動に誘致している」が、バイナンスは「(規制当局から)一般市民から投資を募るライセンスも、証券の売買のための取引所を設立・運営するライセンスも取得していない」と声明にて述べている。

フィリピンSECは昨年11月、バイナンスへのアクセスを遮断する手続きを開始。

また同国国民に対し、バイナンスが証券や投資商品の販売または提供について未登録であることを警告していた。

関連ニュース

参考:声明
images:iStock/Abscent84・TexBr

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究