バイナンスVC部門「Binance Labs」、グループから独立していた

バイナンスラボが独立

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタル(VC)およびインキュベーション部門であるバイナンスラボ(Binance Labs)が、密かにバイナンスグループから独立していたようだ。ブルームバークが3月15日報じている。

バイナンスラボのウェブサイトの免責事項には「バイナンス・ラボは独立したベンチャー企業であり、バイナンス・グループの一部ではなく、バイナンス・グループが運営するいかなる事業(バイナンス暗号資産取引所以外も含め)にも関与していない」と記されている。

また、バイナンスラボはバイナンスから商標使用のライセンスを取得しているが、それ以外はバイナンス・グループと何の接点もないことが強調されている。

報道によればバイナンスラボの従業員の契約は、バイナンスが支援するBNBチェーン(BNB Chain)プロジェクトの建付けと同様、暗号資産取引所の従業員とは切り離されているという。しかし、運営面ではほとんど変わらないと広報担当者は述べている。

バイナンス・グループの動向は業界で注視されている。

昨年11月にバイナンスは米国当局との和解のため、43億ドル(当時の価格で約6,417億円)以上を支払うことに同意し、同社前CEOのチャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao:CZ)氏は、米商品先物取引委員会(CFTC)に1億5000万ドル(約223.8億円)の違約金を支払うことに同意している。

2月には米検察当局が、バイナンスを最長で5年間監視するよう求める量刑覚書を裁判所に提出したことが報じられている。CZ氏はアンチマネーロンダリング法違反に対する判決を、4月に受ける予定だ。

なおCZ氏の後任として、リチャード・テン(Richard Teng)氏が新たにバイナンスのCEOを務めている。同氏は30年以上の金融サービスと規制に関する経験を持ち、バイナンスで地域市場部門のグローバルリーダーを務めてきた経歴を持つ人物である。

バイナンスラボによる過去の投資先について

バイナンスラボは、過去複数にわたり様々な企業への戦略的投資を行っている。

昨年8月には「zkWASM」提供のデルフィナスラボ(Delphinus Lab)及び、分散型金融(DeFi)プロトコルのカーブファイナンス(Curve Finance)が発行するCRV(Curve DAO Token)に投資。

同年11月にはオンチェーン情報を追跡する為のインテリジェンス・プラットフォーム「アーカム(Arkham)」が発行する暗号資産ARKMへ投資したことを発表している。

また2022年にはDeFiプロジェクトの「アンビット・ファイナンス(Ambit Finance)」や韓国ゲーム企業プラネタリウム(PLANETARIUM)制作のブロックチェーンゲーム「ナインクロニクルズ(Nine Chronicles)」、分散型取引所(DEX)のパンケーキスワップ(PancakeSwap)、ハードウェアウォレット開発企業「エヌグレイブ(NGRAVE)」へ出資している。

今年2月には、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを発表している。

関連ニュース

参考:バイナンスラボブルームバーク
images:iStocks/metamorworks・PIXTA

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ