イーサL2「Blast」、「デンクン」アップグレード受け一時停止

Blastがデンクンアップグレード受け一時停止

イーサリアム(Ethereum)レイヤー2ネットワーク「ブラスト(Blast)」が、3月13日23:00頃実施されたイーサリアムの大型アップグレード「デンクン(Dencun)」の影響を受け、ブロック生成が一時停止した。

「ブラスト」は日本時間3月13日23:41に公式Xから、「デンクン」に関連した問題によりメインネットのブロック生成が停止したことを報告。コアエンジニアが修正に取り組んでいる事と、30~60分後を目途に復旧を行うと伝えていた。

その後日本時間で翌14日0:19に問題が解決したことを報告した。「ブラスト」のメインネットは当初の報告から約40分程度停止をしていたことになる。公式Xからは、この問題についての分析は近日中に発表する予定だとアナウンスされている。

なお「ブラスト」は昨年11月29日開始したアーリーアクセスにて23億ドルのTVL(預入総額)を集め、今年3月1日にメインネットローンチしていた。

また「デンクン」では、EIP-4844「プロトダンクシャーディング」導入によりレイヤー2ネットワークがより低コストでトランザクションを発行可能になるとされるアップグレードを含んでいる。

なお「デンクン」は2023年4月に実施された「シャペラ(Shapella)」以来のハードフォークを伴うイーサリアムの大型アップグレードだ。これまでに「ゴエリ(Goerli)」、「セポリア(Sepolia)」、「ホルスキー(Holesky)」といった3つのテストネットで実装されている。

ちなみに今回の「デンクン」実装により、「ゴエリ」テストネットが1か月後にサポート終了することが決定している。

関連ニュース

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している