SBI子会社の英B2C2、ルクセンブルグで暗号資産事業者ライセンス取得

B2C2がルクセンブルグで暗号資産事業者ライセンス取得

英暗号資産(仮想通貨)流動性プロバイダーのB2C2が、ルクセンブルクにて仮想資産サービスプロバイダー(VASP) として登録されたことを2月7日発表した。

なお同ライセンスは、ルクセンブルクの金融規制当局である金融監視委員会(CSSF)が正式に認めたものとなる。

今回のVASP登録によりB2C2は、OTC(店頭)での現物(スポット)暗号資産サービスを機関顧客へ提供できるようになったとのこと。

また発表によるとこの登録によりB2C2は、地元のVASPや伝統的金融機関、その他の市場参加者と協力する機会も強化されるとのことだ。

英国に本社を置き、米・日に拠点を持つB2C2 Limitedは、暗号資産取引において、大手取引所やヘッジファンド、ブローカー等に向けてグローバルに流動性を提供するマーケットメイカー事業を行っている企業だ。2020年12月にSBIファイナンシャルサービシーズが90%の株式を取得し、子会社化している。

またB2C2は、昨年8月に仏マーケットメイカーのウールトン(Woorton)を買収。これによりB2C2は、ウールトンの持つデジタル資産サービス業者(prestataires de services sur actifs numériques:PSAN)ライセンスを取得し、フランスの金融規制当局である金融市場庁(AMF:Autorité des marchés financiers)認可の元、EU(欧州連合)で事業展開が可能になっていた。

今回のルクセンブルクのVASP登録は、B2C2がウールトンを買収したことに伴うもので、B2C2は欧州の暗号資産市場規制法案(MiCA/マイカ)発効に先立ち、EUでのプレゼンスをさらに確立するとのことだ。

関連ニュース

参考:B2C2
images:iStocks/noLimit46・Pict-Rider

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している