ジャックドーシー支援の分散型SNS「Bluesky」が一般公開、400万ユーザー突破

「Bluesky」が一般公開

元ツイッター(Twitter)社CEOのジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏が支援する分散型SNS「ブルースカイ(Bluesky)」が、一般公開された。「ブルースカイ」公式Xより2月7日発表されている。

これまで「ブルースカイ」は「招待制アプリ」として昨年2月から提供されていた。今回の一般公開により公式サイトから「メールアドレス・パスワード・電話番号」を設定すれば、誰でも無料で利用可能だ。

「ブルースカイ」にはブラウザ版の他、iOSとAndroidのアプリ版もリリースされている。また日本語にも対応している。

なお「ブルースカイ」のUI・UXはX(旧ツイッター)と酷似している。なお投稿における入力可能な文字数は、Xが全角140文字・半角300文字(無課金)にたいして、「ブルースカイ」では全角・半角問わず300文字が投稿出来るようだ。ちなみに有料のX Premiumの文字数制限は10,000文字だ。

また「ブルースカイ」公式Xアカウントによると、同アプリ一般公開後から24時間でユーザー数が400万人を突破したとのことだ。

ブルースカイプロジェクトは、2019年末にジャック・ドーシー(Jack Dorsey)がツイッター在籍中に構想を発表したもの。2021年8月よりZcashの元ソフトウェアエンジニアのグレイバー氏がリーダーとなり、プロジェクトは本格始動していた。

2022年10月には、「ブルースカイ」のプロトコル名を「ADX」から「Authenticated Transport (AT)Protocol」に改名。その概要が発表されていた。なお「AT Protocol」は、新しい連合型ソーシャルネットワークのためのプロトコルで、最新の分散型テクノロジーのアイデアを、シンプルで高速、かつオープンなネットワークに統合していると説明されていた。

関連ニュース

images:iStocks/RomoloTavani・Igor-Korchak

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している