「Maple Finance」が約7.3億円の資金調達、アジア展開へ

Maple Financeがアジア展開へ

DeFi(分散型金融)レンディングプロトコル「メイプルファイナンス(Maple Finance)」が、500万ドル(約7.3億円)の戦略的資金調達ラウンドを完了したことを8月22日発表した。

この調達ラウンドはブロックタワーキャピタル(BlockTower Capital)とタイオガキャピタル(Tioga Capital)主導のもと、チェリークリプト(Cherry Crypto)、スパルタンキャピタル(Spartan Capital)、GSRベンチャーズ(GSR Ventures)、ヴェリーズベンチャーズ(Veris Ventures)、メイブン11(Maven 11)、フレームワークベンチャーズ(Framework Ventures)が参加したとのこと。

今回の資金調達により「メイプルファイナンス」は、従来の金融市場における融資およびテクノロジープラットフォームとしての地位確立を目的に、3つの成長スタックとして「アップグレードされたトークン設計」、「商業的成長への取り組み」、「独自技術への投資」に取り組むと説明している。

また「メイプルファイナンス」は、コンプライアンスに準拠したオンチェーン貸付および借入サービスを、アジア太平洋地域(APAC)及びラテンアメリカ(LATAM)地域に拡大することを目指すと同時に、分散型テクノロジーの構築を継続し、プロトコルや金融サービスプロバイダーなどとのパートナーシップ締結も行なっていくとのこと。

また「メイプルファイナンス」は今年4月、米国財務省短期証券利回りのアクセスを簡素化し、顧客の流動性やリスク、会計要件を満たしたオンチェーン現金管理ソリューション「オンチェーンキャッシュマネジメント」をローンチしている。

関連ニュース

「Maple Finance(MPL)」がシステム改善のアップグレード、ソラナ(SOL)でのサービス停止も発表

参考:Maple Finance
images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ