NFTコレクション「AEB」のアパレルブランド「DO NUTS」、FiNANCiEでトークン発行

アパレルブランド「DO NUTS」がFiNANCiEでトークン発行

トークン発行型クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」が、Where Verse(ウェアバース)発足のコミュニティ共創型アパレルブランド「DO NUTS(ドゥーナッツ)」の始動と同プロジェクトのトークン新規発行および販売開始を5月30日発表した。

Where Verseは、クマに変装した宇宙人がキャラクターのNFTコレクション「AEB:Aerien Eyes Bear(エイブ)」を運営する国内企業。

今回のファンディングは「AEB」によるアパレルブランド「DO NUTS」の立ち上げと3DCGショップの設立に必要な準備資金の調達、そしてAR技術を活用した3DCGショップの設立・開発費用の調達の為に実施されるとのこと。

なお「DO NUTS」は、従来のアパレルブランドとは異なり、コミュニティと共に成長し、ファンと共に作るアパレルの形を実現することを目指しているとのこと。初回ファンディングの目標金額は、5,000万円とのことだ。

今回「FiNANCiE」上で発行されるトークンは「AEBトークン」として販売されるとのこと。

「AEBトークン」購入者は特典として、「FiNANCiE」内の「DO NUTS」コミュニティに参加できる他、コミュニティ運営の一部に携われる投票企画への参加や参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや、保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供される。

「AEBトークン」初回販売は、5月30日11:00から開始しており7月15日18:00まで実施される予定だ。

なお「AEBトークン」の販売メニューは1,000pt~10,000,000ptで購入できる支援コースが7個ある。

販売額1,000ptの【AEB LITE】コースは、残り応募数141口となっている。販売額15,000ptの【AEB BASIC】コースは残り応募数2口、一人2口の購入が可能だ。販売額50,000ptの【AEB PREMIUM】コースは、残り29口となっている。

また販売額100,000ptの【AEB ELITE】コースは残り6口、販売額1,000,000ptの法人様向け【AEB BASIC+】コースは残り20口、販売額5,000,000ptの法人様向け【AEB PREMIUM+】コースは残り10口となっている。販売額10,000,000ptの法人様向け【AEB PARTNER】コースは残り3口だ(5/30 15:00時点)。

また販売コースによっては「AEB PREMIUM 協賛特典」として、「AEBオリジナルステッカー10枚(何が出るかはお楽しみ)」、「AEBGenerative 優先購入権(3枚)」、「DO NUTSリアルイベント招待」、「DO NUTS オリジナルTシャツ(セミSBT NFTチップ搭載)」、「サポーター限定AEBオリジナルアート現物複製品1枚」、「オンラインQ&Aセッションへの招待・参加券」などが付与される特典がある。

なおFiNANCiEポイント(pt)は、FiNANCiEプラットフォーム上でのみ使用できるポイントのことで1pt=1円で購入できる。また「AEBトークン」および「FiNANCiE」で発行されているコミュニティトークンについては、金融商品取引法上の有価証券ではなく、資金決済法上の暗号資産(仮想通貨)でもないとのことだ。

「あたらしい経済」編集部は今回の取り組みに関して、Founder BUN 株式会社Where Verseの國分翔太氏より以下のコメントを得た。

AEB DO NUTSプロジェクトの始動に際し、私たちは沢山のワクワクを胸に、新たな未来を切り拓く決意を固めました!このプロジェクトでは、従来のアパレルとは異なるアプローチで、ファッションにエンタメ性を取り入れ、コミュニティとの共創を目指します。

私たちAEBの想いは、単なる商品提供を超えて、ファンと一緒に価値を創造していくところにあります。今後も更なる成長と革新を目指し、世界中の人々に感動と喜びを届けるために努力していきます。このワクワクを一緒に共有してほしい。一緒にワクワクする仲間をここで見つけてほしい。皆様の応援とサポートが、力になります。AEBと共にファッションの未来を創り上げる旅に参加してください!

AEBとは? その答えをぜひ あなたの手で見つけてみてください。

関連ニュース

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/28話題】クラーケンが米・英上場株式の取引サービス提供を計画か、バイナンスがロシア市場から完全撤退など

米クラーケン、米国と英国の上場株式の取引サービス提供を計画か=報道、バイナンス、ロシア市場から完全撤退、クリプトドットコムが「PYUSD」優先取引所に、PayPalとPaxosとの提携で、米SEC、アークインベストメント申請の「現物ビットコインETF」の承認可否をまたも延期、上海市がブロックチェーン開発の計画発表。貿易・金融・メタバースの発展サポートへ、チェーンリンクのクロスチェーン相互運用プロトコル、コインベースのイーサL2「Base」で稼働、オンランプサービス提供のランプネットワーク、メタマスクと提携、Bitcoin Ordinalsの開発者、BRC20に代わるビットコイン用プロトコル提案、コイントレード、イーサリアム(ETH)のステーキングサービス提供開始