証券監督者国際機構(IOSCO)、暗号資産の国際的ルール提案へ

IOSCOが暗号資産の国際的ルール提案へ

証券監督者国際機構(IOSCO:イオスコ)が、既存の規範を暗号資産(仮想通貨)の分野に適用する方法を含む、暗号資産に関する最初の国際的なルールを提案すると、同機関のトップが5月16日述べた。

IOSCOは世界各国・地域の証券監督当局や証券取引所が参加する国際機関。公正で効率的な証券市場の育成・整備を目的とし、証券監督に関する原則・指針などの国際的なルールの策定等を行っている。

IOSCOの委員長であるジャン=ポール・セルヴェ(Jean-Paul Servais)氏は、「勧告がまとまれば、暗号資産に関する世界的に協調した最初の規則が提供できる」と、パリで開催されたマネージドファンド協会のイベントで発言した。

米国証券取引委員会(SEC)や日本の金融庁、英国、ドイツ、フランスの規制当局はIOSCOのメンバーであり、同機関の勧告を適用することを約束している。

FTXのような大規模な暗号資産のプレイヤーの崩壊や最近の市場の出来事をうけ、セルヴェ氏は「このアジェンダを実現するための私の決意を強くした」と述べている。

また同氏は「繰り返し述べるが、IOSCOの勧告は既存の原則とガイダンスが、国境を越えた暗号資産とサービスプロバイダーに適用され得る範囲を明確にするものである」とも伝えた。

ベルギーの証券監視委員会の委員長も務めるセルヴェ氏は「プライベートファイナンスが今年のIOSCOの業務における新たな優先事項となる」とも話した。

さらに同氏は「この分野における規制当局の新たな関心は、プライベートファイナンスの前例のない成長、実体経済の資金調達における役割の増大、規制された公共市場との相互接続性の増大に由来する」と伝えた。

なお5月16日、欧州連合(EU)全メンバー国の財務大臣からなる経済金融問題理事会が、暗号資産(仮想通貨)市場規制法案(MiCA/マイカ)を採択した。

この採択はMiCAにおける立法プロセスの最終段階であり、MiCAは今夏に欧州連合広報に掲載され、発効予定だ。

ステーブルコインに関する規制は1年以内に、その他の規制は1年半後に施行されるという。このプロセスを経てMiCAは正式にEU法となる予定だ。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Global securities watchdog to propose rules for cryptoassets
Reporting by Huw Jones; Editing by Christina Fincher
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資