DMM Bitcoinが「Nippon Idol Token(NIDT)」の取引を一部制限、本日正午に再開か

NIDTの取引が一部制限される

国内暗号資産(仮想通貨)取引所DMM Bitcoinが、4月26日19:00より取り扱い開始した「Nippon Idol Token(NIDT)」の取引について、同日23:00より一部制限を行った。この制限は、買い注文が不可、売り注文のみ可となっている。

「NIDT」は、国内4例目のIEO(イニシャルエクスチェンジオファリング)案件となった暗号資産だ。同暗号資産のIEOはDMM Bitcoinおよびcoinbook(コインブック)にて実施され、26日正午より先行してコインブックで取り扱いが始まった。

ただし、コインブックで「NIDT」の現物指値注文取引を開始した直後に、IEO価格だった1NIDT=5円から値段は急落。同日13:30には1.91円、この記事執筆時点(4/27 11:30)では2.85円となり、24時間で-43%下落している。

DMM Bitcoinの発表によると今回「NIDT」の取引について一部制限をしたのは、「コインブックのオーダーブックにおける流動性とDMM Bitcoinの取引ボリュームの乖離が大きいため」とのこと。

DMM Bitcoinでは「NIDT」の取引開始において、予め在庫として保有する「NIDT」の数量の許容する範囲で、コインブックのオークション市場の価格等に基づき、DMM Bitcoinでの売買動向を検証しつつ価格配信を継続していたというが、「約17百万NIDTの買い優勢の約定結果、DMM Bitcoinの在庫による対応が困難となる危険水準となった」と制限を行った理由を説明している。

その後「NIDT」の一部制限を実施した翌日となる本日27日、DMM Bitcoinは取引制限の解除を同日正午より実施する予定であることを発表。コインブックが同時刻正午から、現物指値注文取引に加え成行注文取引が開始したことを確認の上、制限解除を実施するという。

これについてDMM Bitcoinは、「コインブックでの成行注文が開始されることから、DMM Bitcoinの需給状況をリアルタイムに取引所に反映する可能性が高まる」とし、それにより「ユーザーの約定を速やかに遅滞なくコインブックの取引所にカバー取引を行うことで、取引制限の解除を進める」と述べている。

なおコインブックは3月よりカルダノ(ADA)の取り扱いを始め、それにより取引所サービスの提供を開始した。そのため「NIDT」はコインブックが取り扱う暗号資産として2銘柄目となる。

Nippon Idol Token(NIDT)とは

「NIDT」は、イーサリアム(Ethereum)上のERC20規格の暗号資産。新しいアイドルグループの組成及び活動のために発行され、利用者は「NIDT」を通じてアイドル活動の応援及び支援ができるという。なお国内で実施されたIEOにおいて、同時に2取引所が対応するのは「NIDT」が初の事例となった。

「NIDT」のIEOによる販売金額合計が10億円を突破したことが4月24日発表されており、コインブックおよびDMM Bitcoinの2社合計で、販売数量は200,369,000枚、販売金額は1,001,845,000円になったとのことだった。

なお「NIDT」発行元のオーバースは、「NIDT」のIEOにて調達した資金を利用して、秋元康氏が総合プロデュースを行う新アイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」を実施する。

同プロジェクトの運営には、キングレコードをはじめとするAKB48、乃木坂46、日向坂46、櫻坂46、IZ*ONE、=LOVEといった人気アイドルグループの育成に携わったスタッフが関わるとのこと。

「NIDT」保有者には、一部プロデュースへの参加や限定イベントへの招待、NFTの付与などの特典が与えられる予定だ。

「IDOL3.0 PROJECT」では、4月4日よりメンバーの募集を開始し、全国7都市で説明会を実施していく。複数段階のオーディションを開催し、合格したメンバーが研修期間を経て今秋にデビューすることが予定されている。

関連ニュース

参考:DMM BitcoinDMM Bitcoin②
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も