ビットフライヤーでTポイントをビットコインへ交換可能に、バイナンスがLibraに類似した「Venus」発表、Orbが九州電力へのコミュニティ通貨PF提供などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

ビットフライヤーとTポイントが提携し、Tポイントからビットコインへの交換が可能に

・株式会社 bitFlyerと株式会社Tポイント・ジャパンが業務提携契約を締結したことを発表

・今回の提携によって、Tポイント 100 ポイントにつき85 円相当のビットコインとの交換が可能になる

・またbitFlyer ユーザーは対象加盟店にてbitFlyer ウォレットでビットコイン決済をすると、500 円の買物ごとにTポイント 1 ポイントが貯まる

・現在の対象加盟店はビックカメラ、ヤマダ電機、HIS、湘南美容クリニック等の一部店舗とのこと

・また、ポイントサービスの開始を記念したキャンペーンが 9 月 30 日(月)23 時 59 分まで実施される

・このキャンペーンは、新たに bitFlyer アカウントを作成し、その他KYC等の対象条件をすべて満たしたユーザーが、抽選で 100 名にTポイント 1,000 ポイント、総計でTポイント100,000 ポイントがプレゼントされるとのこと

Orbが九州電力へのコミュニティ通貨プラットフォーム提供、筑邦銀行が地域通貨「常若通貨」の提供開始

・株式会社Orbが、九州電力株式会社へコミュニティ通貨プラットフォームであるOrb DLTの提供を開始したと発表

・そしれその通貨プラットフォームを核として開発した九州電力のシステム基盤を活用し、株式会社筑邦銀行が通貨発行体となり地域通貨「常若通貨」を開始することも発表

・なお「常若通貨」は2019年8月に開催される宗像国際環境会議にて利用可能となり、宗像への来訪者に地元のお店やアクティビティに足をのばしてもらい、より宗像を知ってもらうという目的で提供される「Orb DLT」を採用したスマートフォン決済サービス

バイナンスがLibraに類似した新たなブロックチェーンプロジェクト「Venus」を発表

・仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が、新たにオープンブロックチェーンプロジェクト「Venus」を開発することを発表

・Venusは世界中の法定通貨に固定された、地域版ステーブルコインの開発を目指しており、バイナンス自ら地域版Libraと称している

・Binanceは今回のVenusプロジェクトで、政府、企業、テクノロジー企業、暗号通貨企業やプロジェクトとの新しい提携やパートナーシップを構築し、先進国が活性化することを目指しているとのこと

・今回ホワイトペーパーの公開はされていないが、発表によるとバイナンスはVenus開発の全工程に技術サポートを提供するとしており、既存のインフラを使用するとしていること、ステーブルコインを既に発行していることからBinance Chainの利用が考えられる

日本の有志NEMコミュニティが「NEMを使用した調査研究及び開発」企画コンペ開催

・8月18日に発足された日本の有志NEMコミュニティ「ブロックチェーンNEM実用化研究クラブ」がnemlog内での「NEMを使用した調査研究及び開発」企画コンペを発表

・このコンペは、nemlog内に技術系記事を増やし、また、世に役に立つ可能性がある研究、調査、開発を支援する目的で企画されたとのこと

・コンペへのエントリー締め切りは9月8日24時迄でその後nemlog内でエントリー内容の発表やコメント募集、技術提案、そしてemlog登録者からの投票などを経て11月上旬結果発表がされる予定

・なおもっとも評価の高かった優勝者に調査研究費用として5000XEMの賞金が付与され、さらにこのコンペの詳細記事についた投げNEM分もその優勝者賞金に合算されるとのこと。8月19日現在でその合計額は8800XEMとなっている

・参加対象者はNEMを使用して何か作りたい、2年以内に開発できる個人、個人事業主、法人とのこと。なお期日までにエントリー記事をnemlog内で作成し、タグに「NEMを使用した調査研究及び開発」入れることで企画へのエントリーが可能になる 詳細な概要はこちら 

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock,nisaul-khoiriyah)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。