楽天ウォレットが仮想通貨現物取引サービス開始、Bakktがビットコイン先物取引9月23日ローンチ、Gaudiy経済設計顧問に坂井豊貴氏、ストーリーDに上野直彦氏などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

楽天ウォレットが仮想通貨現物取引サービス提供開始

・楽天グループの仮想通貨取引所である「楽天ウォレット」が本日2019年8月19日(月)より仮想通貨における現物取引サービスを開始した

・あわせて本日よりAndroidアプリの提供も開始した。なおiOSアプリの配信は9月上旬を目処に公開される予定とのこと

・楽天ウォレットはサービス提供開始に合わせセキュリティ強化策についても発表した。まずユーザーからの預託を受けた金銭(顧客資産)を楽天ウォレットの自己資産とは分離して、楽天信託の信託口座で管理するとのこと。その信託財産を楽天銀行の銀行預金口座にて区分管理し顧客資産を管理する。またユーザーから預かった「すべての」仮想通貨を、インターネットとは隔離したオフラインの環境下で管理する「コールドウォレット」で保管することによりお客様の資産の安全性を確保するとのこと。さらにログイン時や出金時、出庫時の二段階認証を導入し、複数のセキュリティ対策を実施していくとのこと

・取扱通貨ペアとしてはBTC/JPY、ETH/JPY、BCH/JPY の3種類

・なお利用に関しては楽天銀行の口座開設も必要となる

Bakktがビットコイン先物取引を9月23日にローンチと発表

・Bakktがビットコイン先物取引を9月23日にローンチすると公式Mediumで発表

・Bakktは、米ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)より承認を得て、カストディアン「Bakkt Trust Company」を設立した

・また米商品先物取引委員会(CFTC)の自己認証プロセスを通じて、現物決済ビットコイン先物取引のローンチが可能な状態になったとのこと

・Bakktはデイリー先物取引とマンスリー先物取引の2種類の商品の提供し、ICE Futures USおよびICE Clear USと共同で行う予定

Gaudiyの経済設計顧問に坂井豊貴氏、ストーリーディレクターに上野直彦氏が就任

・株式会社Gaudiyが、経済設計顧問に慶大教授の坂井豊貴氏を就任、またストーリーディレクターに、週刊スピリッツ連載中の漫画「アオアシ」の原案協力を手がける上野直彦氏を就任したことを発表

・Gaudiy社が目指すDAO(自律分散型組織)を成立させるための課題を解決するために、ユーザーの活動やトークンの価値をどのように測定してプライシングしていくかといった経済的な制度設計が必要となることから、坂井教授が経済設計顧問として就任をした

・また、DAOが持つ潜在的な可能性について、ストーリー形式で伝えることが効果的であるとの考えから、上野直彦氏がストーリーディレクターとして就任し、自律分散的なコミュニティについての周知を図っていくとのこと

BTCボックスの代表者名と住所を使用して個人情報等を抜き出そうとする詐欺サイトにご注意

・日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が8月16日にBTCボックス株式会社を装って個人情報等を抜き出そうとする詐欺フィッシングサイトを確認したと注意喚起を行った

・その不審なサイトとBTCボックス株式会社のドメイン名は異なっており、一切関係がないとのこと。なおそのサイトは最大15万円Amazonギフトカードをプレゼントすると謳い、KYC情報の登録を促している

・この詐欺サイトで誤って個人情報を送ってしまった場合には、仮想通貨取引所で口座開設され、振込め詐欺等に利用される恐れがある

・なおJVCEAとBTCボックスは本件に関する不審なメール等が届いた場合はJVCEAの苦情相談窓口まで連絡することを推奨している 苦情相談

・お問い合わせ はこちら

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。