フィデリティ・インベストメントがニューヨークサービス局に「信託ライセンス」を申請か、BUIDLがAML/CFTツール「SHIEDL」をローンチなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

フィデリティ・インベストメントがニューヨークサービス局に「信託ライセンス」を申請か

・アメリカの資産運用会社フィデリティ・インベストメントの子会社フィデリティ・デジタル・アセットがニューヨークの金融サービス局に「信託ライセンス」の取得申請を行ったことが、The Blockの報道で明らかになった

・信託ライセンスは、カストディなど財産の管理などを行う業務に適応されるライセンス。現在、ニューヨーク州の信託ライセンスを持っている企業は、CoinbaseとGiminiの2社である

・現在、フィデリティ・デジタル・アセットと同様にBakktも信託ライセンスの申請を行い、審査待ち。最も厳格なライセンスと言われており、ライセンス獲得まで半年ほどかかりそうだとのこと

BUIDLが仮想通貨交換業者向けAML・CFTツール「SHIEDL」をローンチ

・株式会社BUIDLが仮想通貨交換所向けAML・CFTツール「SHIEDL」のローンチを発表

・「SHIEDL」の対応通貨として予定していたBTC・ETH・XRPだけでなく、BCHABC・ETC・LTC・MONAを加えた合計7種類の通貨に対応するとのこと

・「SHIEDL」は、5つの特徴がある。(1)機械学習を用いたネットワーク分析、(2)アドレスの継続的モニタリング、(3)ブラックリスト随時更新、(4)日本語完全対応、(5)マーケティングツールとしての活用

ASローマがChilizとパートナーシップを締結し、ブロックチェーン投票プラットフォーム「Socios.com」に参加

・イタリア・セリエAのサッカークラブ「ASローマ」がChilizとパートナーシップを締結し、ブロックチェーン投票プラットフォーム「Socios.com」に参加したことを発表した

・Socios.comはサッカークラブの意思決定に投票ができるプラットフォームで、ファンはChilizトークンをプラットフォーム内で各チームのファントークンと交換することで投票権を得ることができる。なお、ASローマではASローマファントークンが発行される

・Socios.comには、ユヴェントスFC、パリ・サンジェルマンFC、ウェストハム・ユナイテッドFCがすでに参加しており、今回のASローマの参加を含めサッカークラブは4チームとなる

コインデスクジャパンが「b.tokyo 2019」を10月に開催

・N.Avenue株式会社が運営するCoinDesk Japanがブロックチェーンカンファレンス「b.tokyo 2019」を10月に開催することを発表

・開催日時は10月2日(水)3日(木)の2日間で、ともに9時~20時を予定している

・b.tokyo 2019は「技術・スタートアップ・フィンテック・産業・ガバメント・未来」の6つのテーマ約30のセッションで構成されるコンテンツとのことで、ニューヨークよりCoinDeskでトップリサーチャーを務めるNolan Bauerle氏、世界最大級のブロックチェーンカンファレンス「Consensus」の総合プロデューサーを務めるJoon Ian Wong氏が来日する予定とのこと

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のBC技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル(約11億6,200万)の資金調達、中国の主要な国有商業銀行がデジタル人民元(DCEP)のウォレットアプリケーションの内部テスト開始か、日本政府がブロックチェーンでASEANの貿易基盤のデジタル化を支援

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに

ゴールドマンサックスのデジタルアセットのグローバル責任者であるMathew McDermott(マシュー・マクダーモット)氏が、同行のブロックチェーン技術へのインサイトとビジョンに関してCNBCのインタビューで語った。McDermott氏はそこでゴールドマンサックスが独自デジタル通貨発行の可能性も示した。

野村證券らのジョイントベンチャー「Komainu」がヨーロッパデジタル資産運用企業Coinsharesのカストディアンへ

Coinshares(コインシェアーズ)がCoinshares Capital Markets(コインシェアーズ・キャピタル・マーケッツ)が保有するすべてのデジタル資産のカストディ業務を「Komainu」へ委託したことを発表した。「Komainu」は野村證券、デジタルアセットセキュリティ会社のLedger、CoinShares Internationalのジョイントベンチャーだ。

金融庁氷見野良三(ひみのりょうぞう)長官が暗号資産(仮想通貨)の金融緩和について慎重姿勢を示す

7月20付けで金融庁長官に就任した氷見野良三(ひみのりょうぞう)氏がロイターのインタビューに対し、暗号資産(仮想通貨)の規制緩和について慎重な姿勢を示し、また暗号資産の規制を緩和することによって技術が促進するとは限らないと主張したことを、ロイターが8月5日報じた。