フィデリティ・インベストメントがニューヨークサービス局に「信託ライセンス」を申請か、BUIDLがAML/CFTツール「SHIEDL」をローンチなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

フィデリティ・インベストメントがニューヨークサービス局に「信託ライセンス」を申請か

・アメリカの資産運用会社フィデリティ・インベストメントの子会社フィデリティ・デジタル・アセットがニューヨークの金融サービス局に「信託ライセンス」の取得申請を行ったことが、The Blockの報道で明らかになった

・信託ライセンスは、カストディなど財産の管理などを行う業務に適応されるライセンス。現在、ニューヨーク州の信託ライセンスを持っている企業は、CoinbaseとGiminiの2社である

・現在、フィデリティ・デジタル・アセットと同様にBakktも信託ライセンスの申請を行い、審査待ち。最も厳格なライセンスと言われており、ライセンス獲得まで半年ほどかかりそうだとのこと

BUIDLが仮想通貨交換業者向けAML・CFTツール「SHIEDL」をローンチ

・株式会社BUIDLが仮想通貨交換所向けAML・CFTツール「SHIEDL」のローンチを発表

・「SHIEDL」の対応通貨として予定していたBTC・ETH・XRPだけでなく、BCHABC・ETC・LTC・MONAを加えた合計7種類の通貨に対応するとのこと

・「SHIEDL」は、5つの特徴がある。(1)機械学習を用いたネットワーク分析、(2)アドレスの継続的モニタリング、(3)ブラックリスト随時更新、(4)日本語完全対応、(5)マーケティングツールとしての活用

ASローマがChilizとパートナーシップを締結し、ブロックチェーン投票プラットフォーム「Socios.com」に参加

・イタリア・セリエAのサッカークラブ「ASローマ」がChilizとパートナーシップを締結し、ブロックチェーン投票プラットフォーム「Socios.com」に参加したことを発表した

・Socios.comはサッカークラブの意思決定に投票ができるプラットフォームで、ファンはChilizトークンをプラットフォーム内で各チームのファントークンと交換することで投票権を得ることができる。なお、ASローマではASローマファントークンが発行される

・Socios.comには、ユヴェントスFC、パリ・サンジェルマンFC、ウェストハム・ユナイテッドFCがすでに参加しており、今回のASローマの参加を含めサッカークラブは4チームとなる

コインデスクジャパンが「b.tokyo 2019」を10月に開催

・N.Avenue株式会社が運営するCoinDesk Japanがブロックチェーンカンファレンス「b.tokyo 2019」を10月に開催することを発表

・開催日時は10月2日(水)3日(木)の2日間で、ともに9時~20時を予定している

・b.tokyo 2019は「技術・スタートアップ・フィンテック・産業・ガバメント・未来」の6つのテーマ約30のセッションで構成されるコンテンツとのことで、ニューヨークよりCoinDeskでトップリサーチャーを務めるNolan Bauerle氏、世界最大級のブロックチェーンカンファレンス「Consensus」の総合プロデューサーを務めるJoon Ian Wong氏が来日する予定とのこと

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【速報】約6.3ETH(約276万円)で落札、箕輪厚介編集長の雑誌「サウナランド」電子書籍出版権NFT

NFT事業や「FiNANCiE」を提供する株式会社フィナンシェが、NFT事業において箕輪厚介編集長のサウナ専門雑誌「サウナランド」の電子書籍をNFTとして発行し、オークションを開催していた。 そして本日5月11日21時59分に終了予定だったオークションは、終了直前に入札が相次ぎ、延長の末23時分に終了した。

デジタル人民元が中国人民銀行提供のウォレットで利用可能に、UBS証券の富裕層顧客向けサービスなどのニュース解説ラジオ

デジタル人民元、アリペイおよび中国人民銀行のモバイルウォレットで利用可能に、中国の暗号資産サービス企業バベル・ファイナンス、セコイアチャイナらから約40億円の資金調達、UBS証券、富裕層顧客向けデジタル資産投資サービスを検討開始、暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン」にてDOGE、SUSHI、INJ、MATICのサポート開始、Internet Computer(ICP)、新たにバイナンスとKuCoinに上場、ブロックチェーン活用の新型コロナウィルス陰性デジタル証明書、カリブ海アルバ島にて試験運用、アバカスが暗号資産交換業を撤退、申請も取り下げに、ソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」が正式ローンチ

暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン」にてDOGE、SUSHI、INJ、MATICのサポート開始

暗号資産(仮想通貨)取引所とカストディアンサービスを運営する米ジェミナイ(Gemini)が、同社の提供する暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン(Gemini Earn)」にてドージコイン(DOGE)を年利(APY)2.25%にて取り扱いを開始することを5月9日発表した。なおジェミナイはドージコインの取り扱いを5月4日より開始している。