米コインベース、Binance USD(BUSD)の取引停止へ

コインベースがBUSDの取引停止へ

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、米ドルステーブルコインBinance USD(BUSD)の取引停止予定を2月28日発表した。

BUSDの取引が停止されるのは、3月13日12:00(日本時間14日2:00)前後になるとのこと。Coinbase.com、Coinbase Pro、Coinbase Exchange、機関向けのCoinbase Primeがその対象となるという。なおユーザーがコインベースのアカウントで保有するBUSDについては、引き出しなど継続してアクセスは可能とのことだ。

今回コインベースがBUSDの取引停止をするのは、コインベースが定期的に実施する取扱い暗号資産の監視の結果、BUSDが上場基準を満たしていないと判断したからのようだ。

BUSDに関しては、発行を担当するブロックチェーンインフラ企業パクソス(Paxos)が、米証券取引委員会(SEC)およびニューヨーク金融サービス局(NYDFS)からBUSDの発行停止命令を受け、2月21日から新規発行を停止している。

NYDFSは「パクソスがイーサリアム(Ethereum)上でBUSDを発行すること」は認めているが、「バイナンスが他のブロックチェーン上において、パクソスが発行したBUSDを原資産とするBUSD(Binance-Peg BUSD)を発行すること」は認めていないとして発行停止命令を出していた。またSECについては「BUSDが証券であり、パクソスは連邦証券法に基づきBUSDの募集時に証券として登録すべきだった」と主張をしている。

これについてパクソスは「BUSDは連邦証券法に基づく有価証券に該当しないため、パクソスはSECに断固として同意しない」と反対意見を主張しているが、一方でBUSD発行停止の理由を「市場の状況によりバイナンスとの関係が優先事項ではなくなった」と説明をしている。

なお現在はパクソスが米SECとBUSDの証券性について「建設的な議論」を行っているとも報じられている。

BUSDは、米ドル(USD)と1:1の比率で価値を維持(ペッグ)しているステーブルコインだ。大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)がパクソスとの協力により2019年から発行開始しており、ステーブルコインの時価総額では、同じく米ドルペッグのステーブルコイン「USDT」と「USDC」に続き第3位となっている。なお前述した通り、パクソスによるBUSDの新規発行は2月21日に停止している。

関連ニュース

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している