博報堂とアスターの「博報堂キースリー」、国内人気NFT「ベリロン」と提携

博報堂キースリーが「ベリロン」と提携

博報堂キースリーが、日本発のNFTコレクション「VeryLongAnimals(通称:ベリロン)とのパートナーシップ締結を1月19日発表した。

博報堂キースリーおよび「ベリロン」は、「ベリロン」をNFT発の日本を代表するキャラクターとして「長く」成長させるため、今回提携したとのこと。

博報堂キースリー曰く、「ベリロン」は日本で最も熱量の高いコミュニティを持つとされるNFTコレクションで、他のNFTプロジェクトよりも10歳ほど若い層が熱狂し、金融に関心がある人だけが集まるプロジェクトとは一線を画しているとのことだ。なお「ベリロン」はポリゴン(Polygon)ネットワーク上にミント(鋳造/発行)されているNFTだ。

今後博報堂キースリーは、「ベリロン」とコラボレーションしたい企業を募集するという。「プロモーションを検討中で、何か話題になるネタがほしい」や「web3、NFTに取り組みたいが、何から始めればいいのか分からない」、「色々な意味で長い商品を担当しているので、それに絡めた企画をやりたい」といった企業のニーズや悩みにアプローチできるとしており、企業に対し無料相談を受け付けるとのことだ。

なお「博報堂キースリー」は「WEB3.0ハッカソンの企画・運営を行いながらクライアント企業と共にWEB3.0サービスを開発する新会社」として昨年12月に設立されたジョイントベンチャーだ。博報堂と「アスターネットワーク(Astar Network)」の開発を主導するステイクテクノロジーズ(Stake Technologies)が共同で設立した。

関連ニュース

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設

アスター渡辺創太、web3事業・プロダクト提供「Startale Labs」を新設

ナッジ、「ベリロン」公式Visaクレカ提供開始

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ジョイントベンチャー設立へ

NFTで模倣品対策、博報堂とメディコムトイ、BE@RBRICKから開始

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored