Facebookが「Libra」の詳細発表、三菱電気など国内メーカー100社が連携しブロックチェーンで情報共有へ、ライトコインがデビットカードを発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

Facebookが兼ねてから噂されていた仮想通貨(暗号資産)/ブロックチェーンプロジェクトである「Libra」の詳細を発表

・ニュースの詳細はラジオ特別編で配信していますので、そちらを確認ください

・Facebookの仮想通貨/ブロックチェーンプロジェクト「Libra」の詳細とその可能性の考察 →こちらをクリック

米議員がフェイスブック「Libraプロジェクト」の開発に対して一時中断を要求する声明を発表

・米国会下院の金融サービス委員会マキシン・ウォーターズ理事長がフェイスブックが開発を手がける仮想通貨「リブラプロジェクト」の一時中断を求める声明を発表したことが米CNNの記者のTwitterで明らかに

・Maxine Waters氏は声明文の中で「フェイスブックは数十億人分のデータを持っており、これらのデータ保護を繰り返し軽視してきた」と批判し、「フェイスブックの問題ある過去を鑑み、私はフェイスブックが議会や規制機関の調査を終えて規制を整えるまで、仮想通貨の開発に一時停止の期間を設けることに合意することを要求する」とコメントをしている

・また、フランスの地元メディアによると、フランスの経済財務相のブリュノ・ル・メール氏がフェイスブックに対して「テロや違法行為の資金調達に転用できないという保証を求める」とコメントしたとも報じられている

三菱電気など国内メーカー100社が連携しブロックチェーンで情報共有へ

・三菱電機、安川電機など国内の主要メーカー100社が連携して、設備の稼働状況や品質検査などの製造データを相互に取引できる仕組みをブロックチェーン技術を応用してつくることを日経新聞が報じた

・生産や加工の情報を取引先と共有することで、開発期間の短縮やものづくりの効率性の改善、偽造防止などにつなげるのがねらい

・この新たな取引システムは2020年春をメドに稼働を予定し、製造業の業界団体である「インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)」が運営母体となり、取引履歴の管理や権利の調整役も担うとのこと ・ブロックチェーン技術を応用することで、特定サーバーでデータを管理するのに比べて、製造ノウハウ流出など情報漏洩のリスクを抑えられるほか、運営コストも低減できる見込み

・23年までに参加企業を500社に増やす計画で、ドイツの「インダストリー4.0」などを主導する団体との連携も検討しているとのこと

ライトコインが仮想通貨デビットカードを発表

・Litecoin Foundationが仮想通貨取引所Biboxおよび米国のブロックチェーン企業Ternioと提携し、仮想通貨を決済に利用できるデビットカード「Litecoin BlockCard」を発表

・BlockCardは、仮想通貨の価値を米ドルに算出された価格で決済を行うことができるデビットカードでLitecoin(LTC)、Bibox Token(BIX)、Ternio(TERN)が対象となる

・今後数週間のうちにカードの登録方法を追って発表するとのことで、利用ができるのはアメリカに居住するユーザーのみ対象となる

カナダの薬局チェーンが医療用大麻をブロックチェーンで追跡するプログラムを開始

・カナダ全土に約1,300の薬局を持つShoppers Drug Martが、ブロックチェーン開発企業であるTruTrace Technologiesと提携し、ブロックチェーンを活用した医療用大麻のトレーサビリティプログラムを開始したことをブルームバーグが報じた

・2001年以降カナダでは医療大麻が合法になっているが、患者への投与に関する情報が乏しいため、多くの医師は治療薬として大麻を処方しない現状があるとのこと

・Shoppers Drug Martの薬局事業開発およびイニシアチブ担当バイスプレジデントであるケン・ウェイスブロッド氏は、今回の試みを開始することについて「医師たちは「この特定の製品、株、品種はこの化学成分を持ち、私の患者は一貫してこの薬を服用しており、彼は大きな成果を上げている」と言うことができるようになります」「さらにそこから多角的にデータを測ることが始められるのは業界にとって大きな飛躍です。」とコメントしている

Bancorがアメリカまたはアメリカ市民のIPアドレスを持つユーザーの利用を7月8日から禁止へ

・Bancorが公式ドキュメントで2019年7月8日以降に、アメリカまたはアメリカ市民のIPアドレスを持つユーザーがBancorのWebアプリケーション(https://www.bancor.network)を使用してトークンを変換することをできなくすることを発表

・ドキュメントに、アメリカでの使用制限を行なった理由として「アメリカの動きによって、様々な観点で不確実性が高まっているので、米国ベースのユーザーが当社のWebインターフェースを介してコンバージョンを実行することを制限することが、現時点でのBancorのエコシステムのすべてのメンバーにとって最も賢明な決断だと考えたから」と掲載されている

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。