プロジェクトカンパニーとSBI、web3事業開発を支援する新会社「SBIデジタルハブ」設立

プロジェクトカンパニーとSBIホールディングスが新会社

プロジェクトカンパニーとSBIホールディングスが、web3事業開発支援に関する新会社「SBIデジタルハブ」の共同設立を11月18日発表した。

「SBIデジタルハブ」では、両社のノウハウを活かしたAPI関連事業やコンサルティング事業などを行い、国内外企業のweb3関連ビジネス創出と推進をサポートしていくと発表されている。

具体的なサービスとしては、2023年1月より、各種APIの提供事業者と利用者を繋ぐマッチングプラットフォーム「APIハブ(仮称)」の提供開始を予定しているとのこと。国内外のシステム開発の生産性向上を目指す狙いだ。

さらに2023年度内には、web3に関連した新事業開発・立上げや事業推進に関する各種コンサルティングサービスを提供開始する予定だという

なお「SBIデジタルハブ」は、大阪府・市の国際金融都市実現に向けた取り組みの一環として本社を大阪府に設置するとのこと。また、一般社団法人日本デジタル空間経済連盟への加盟も予定しているという

プロジェクトカンパニーは、2016年創立のDXコンサルティングを手掛ける上場企業だ。2020年8月には日本STO協会の正会員として新規入会したことを発表していた。

日本STO協会はセキュリティトークンに関連するルール整備を通じた「投資家の保護・健全な業界の発展」を目指すため、2019年10月に設立された団体。SBIホールディングスの代表取締役社長である北尾吉孝氏が代表理事を務め、SBI証券、楽天証券、大和証券、みずほ証券などが正会員として登録されている。

またSBIホールディングスは、昨年4月1日に三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)と「大阪デジタルエクスチェンジ株式会社(ODX)」を共同設立したことを発表していた。

関連ニュース

日本STO協会に正会員として三菱UFJ信託銀行、賛助会員として他11社が新規入会

SBIホールディングスとSMBCグループが「大阪デジタルエクスチェンジ株式会社」を共同で設立

【出資額は10億円単位】SBIホールディングスがスイスのデジタル資産銀行シグナム銀行(Sygnum Bank)への出資発表

SBIホールディングスがデジタル商品券事業の継続的協力を目的に九州電力・筑邦銀行と連携協定締結

SBIホールディングスがブロックチェーン基盤開発企業BOOSTRYへの資本参加およびセキュリティトークン事業の推進に関する最終契約締結

参考:プロジェクトカンパニー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/eugenesergeev

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された