三菱総研が地域コイン社会実験検証結果を発表、「あたらしい経済」とインフォバーン「Unchained」提携しビジネスパーソン向けブロックチェーン教育プログラム開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

三菱総合研究所が地域コインの社会実験を実施し、地域商品券事業への適用可能性とその効果検証の結果発表

・株式会社三菱総合研究所が総務省からの請負事業「行政や公共性の高い分野におけるブロックチェーン技術の活用及び社会実装に向けた調査研究」の一環として、大阪府大阪市上本町、静岡県浜松市、広島県福山市の3地域で同時に社会実験を行い、デジタル地域通貨(通称「地域コイン」)による地域商品券事業への適用可能性とその効果を検証した

・実験の概要は、地域コイン発行者がQRコードと端末を使って商品券に代わる地域コインを発行し、その地域コインによる商品・サービスの購入から清算までの一連の流れをブロックチェーン技術で管理し、デジタル化や減価(利用がないとコインの一部を消滅させる機能)による効果を確認した

・実験の結果、①減価は消費を促進する効果があり、減価しないグループに比べて3割程度消費を押し上げること②政令指定都市規模の自治体では、事務コストを半分程度に低減できる可能性があること③域内のどこでも使えるようになった場合、参加者の6割以上が「普段の買い物の50%以上を地域コインに置き換える」と回答した。と以上が明らかになった

→参考リンク デジタル地域通貨「地域コイン」の社会実験結果概要 

ALISが企業向けのブロックチェーン事業参入コンサルティング・開発支援を開始

・株式会社ALISが4月24日より企業向けのブロックチェーン事業参入コンサルティングと開発支援を開始する

・先日18日に公式ブログの「ALISのこれからの方針について」のなかで、国内仮想通貨取引所への上場を踏まえ、企業としてのキャッシュフローの健全性を求めるために、企業向けのブロックチェーン事業コンサルティング・開発支援を開始しマネタイズを行っていくことを発表していた

・今回は初回相談企業を対象とした特別プランを3種類用意。①ブロックチェーン導入プラン(10万円)②IoT×ブロックチェーン導入プラン(20万円~)③安CEOによる企業向け社内勉強会(無料で5社まで)

金融庁がフォビジャパンとフィスコに立ち入り検査か

・金融庁が仮想通貨交換業者のフォビジャパンとフィスコ仮想通貨取引所に対して、資金決済法に基づいた立ち入り検査を行っていることを、複数の関係者が明かしたとロイター通信が報道した

・金融庁は2社の経営管理体制や顧客保護の取り組みなどに不十分な点があるとみて、行政処分も視野に詳細なチェックを行っているとのことだ

・金融庁はこの報道について「個別の立ち入り検査先については言及していない」とコメント、フォビジャパンとフィスコは金融庁対応に関しては一切答えられない旨をコメントをしている

マネックス証券がコインチェックと連携し、マネックスポイントを仮想通貨と交換できるサービスを開始

・マネックス証券株式会社がグループ会社であるコインチェック株式会社と連携し、マネックスポイントを仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル)に交換するサービスを開始する

・当サービスは4 月24 日(水)20:00から開始の予定で、両社において初のサービス連携となる

・交換単位は1マネックスポイント=1円で、200マネックスポイント以上1マネックスポイント単位で交換が可能。仮想通貨交換数はリアルタイムでのレートにより変動する

・マネックス証券の証券総合取引口座とコインチェックアカウントを開設している顧客が対象で、交換指示後にコインチェックアカウントに反映される

「あたらしい経済」とインフォバーン「Unchained」が提携し、ビジネスパーソン向けブロックチェーン教育プログラム「ビジネス・ブロックチェーン・キャンプ」開始

・株式会社幻冬舎「あたらしい経済」は、ブロックチェーン・暗号資産の情報発信と教育強化を目的として、インフォバーングループが推進する企業内イノベーター・ハブ「Unchained」と業務提携を発表

・この提携の第1弾として、ビジネスパーソン向けのブロックチェーン教育プログラム「ビジネス・ブロックチェーン・キャンプ(Business Blockchain Camp: BBC)」を、2019年7月に開始することを決定

・なお7月の本スタートに先駆け、その内容を1日に凝縮した「ライト版」を、2019年5月15日(水)に無償で実施。主な対象は、ブロックチェーンに関心のある企業内イノベーターや新規事業担当者。このライト版ではブロックチェーンの基礎概念を理解する講義から、実際に新規ビジネスを考案するアイディエーションまでを体験できる

→詳細、お申し込みはこちら

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock /artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

LIFULLらが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施、FRB議長が中銀デジタル通貨に関して言及などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表、FRB議長が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して言及「早い導入よりも正しい導入が重要」、米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求、ブロックチェーンコンテンツの未来を考える無料オンラインイベント「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が10月23日開催、「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億ドル(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。

(エンジョイワークス執行役員小川広一郎氏のコメント追記)LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表

デジタル証券の発行・管理プラットフォームを提供するセキュリタイズ・ジャパン(Securitize Japan)と不動産・情報サイトLIFULL HOME'S等の住生活関連サービスを提供するライフル(LIFULL)が「葉山の古民家宿づくりファンド」を国内初の一般個人投資家向け不動産セキュリティートークンオファリング(Security Token Offering:STO)として実施することを発表した。

米VCが2020第3Qに暗号資産とBCスタートアップへ約956億円投資、EveripediaとChainlinkがAP通信の米大統領選データをBC上で記録可能になどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米ベンチャーキャピタルが2020年第3四半期に暗号資産・ブロックチェーン領域のスタートアップへ約956億円を投資、分散型情報キュレーションサービスEveripediaと分散型オラクルChainlinkが連携しAP通信社の米国大統領選のデータをブロックチェーン上で記録可能に、前澤友作氏の電子決済新事業に暗号資産(仮想通貨)取引所ディーカレットCTO白石陽介氏が参画か

分散型情報キュレーションサービスEveripediaと分散型オラクルChainlinkが連携しAP通信社の米国大統領選のデータをブロックチェーン上で記録可能に

EOSブロックチェーン上の分散型アプリケーションサービス(Dapps)エブリペディア(Everipedia)が分散型オラクルネットワークを提供するチェインリンク(Chainlink)と協力し、アメリカ国内の放送局や新聞社の協同組合であるAP通信が報道するアメリカ大統領選挙結果をブロックチェーン上に記録できるようにすることを10月16日に発表した。