【取材】DJTが代表2名体制へ、シンガポール法人立ち上げと満足氏の代表取締役就任を発表

DJTが代表2名体制へ、シンガポール法人立ち上げと満足氏の代表取締役就任発表

ブロックチェーン技術を⽤いたゲームやアプリケーション開発を⾏うdouble jump.tokyo(DJT)が、シンガポール法⼈⽴ち上げに伴い、代表取締役に新たに満⾜亮氏を加え、代表取締役2名体制に移⾏したことを10月3日に発表した。同氏は2020年7⽉よりDJTの取締役/CTOに就任している。

そしてシンガポール法人を立ち上げる理由について「これまで当社は⽇本を拠点に事業を推進してまいりましたが、現在シンガポールがWeb3の中⼼地となりつつあることは間違いなく、ゲーム特化型ブロックチェーンOasys(オアシス)のリードディベロップメントが当社の事業の柱になっていくことも踏まえ、当社もOasysと同じシンガポールに拠点を構えることを決定いたしたしました」と説明している。

なお今後はシンガポール法⼈の代表取締役に今まで日本法人の代表取締役であった上野広伸氏が就任し、国内のゲーム事業を満⾜氏が統括することで、代表取締役の2名が両輪となり事業推進のスピードを加速していくという。

DJTの代表取締役に就任した満⾜氏は『この度、新たに代表取締役に就任することなりました。この3年ほどでブロックチェーン事業を取り巻く環境は⼤きく変化し、創業時からの弊社のミッション「ブロックチェーン技術でゲームの未来を再構築する」がいよいよ近づいてきたと感じております。シンガポールと⽇本の代表取締役2名体制で、これまで以上にブロックチェーンゲーム事業を強⼒に推進していきます』とリリースで伝えている。

DJTの代表取締役である上野広伸氏は「シンガポール法⼈の代表取締役に就任いたしました。これまでどおり、当社の代表取締役を満⾜と共に務めます。⽇本とシンガポールの2拠点から事業を推進することで、Oasysとの連携を含め、当社のブロックチェーンゲーム事業を加速させていきます」と伝えている。

DJT代表取締役満足氏へ取材

あたらしい経済編集部は、DJT代表取締役満足亮氏へ取材を行った。

––日本国内のweb3領域を、どのように発展させていきたいと考えていますか?

まずは触ってもらうというのが大事だと考えています。 日本が誇る漫画やアニメ、ゲームなどのIP等多くの人が興味ある対象を、多くの人が触れるUXで提供するのが大事と考えています。

––日本からシンガポール、ドバイと移る人が多いですが、web3のコンテンツ事業者として両国はどのように違うのでしょうか?

最も大きな違いは日本との時差です。日本拠点と開発等で多くの時間を共有する必要がある場合、シンガポールの方がメリットが大きいと思っています。

––あわせてシンガポール拠点にした具体的な理由を教えていただけますか?

Web3の中心地となり得る東南アジア圏の地理的拠点とするためになります。 また、Oasysがシンガポール拠点なので連携を深めるためです。


images:Максим-Ивасюк・Thinkhubstudio
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored