ロンドン証券取引所にブロックチェーン企業ETFが上場、バークレイズ銀行のアナリストが「Facebook Coin」の可能性を示すなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

ロンドン証券取引所にブロックチェーン企業ETF「The Invesco Elwood Global Blockchain ETF」上場

・10兆円以上の資産を運用する投資顧問会社Invescoが、ブロックチェーン企業に焦点をあてた世界最大規模のETF(上場投資信託)をロンドン証券取引所に上場したことを公表した

・このETFに含まれる企業は、マイニングチップを開発する台湾の半導体製造企業やBTC先物取引を提供するCME Groupなども含まれている

・企業の選定にはBrevan Howardヘッジファンドの共同設立者Alan Howard氏が設立した仮想通貨専門投資顧問会社Elwood Asset Managementが提供する独自企業スコアリングシステムを採用

2021年までに「Facebook Coinによって売上高が190億ドルになる可能性」をバークレイズ銀行のアナリストであるロス・サンドラー氏が指摘

・バークレイズ銀行アナリストのロス・サンドラー氏が、投資家向けにFacebookのステイブルコインについてコメント

・ロス・サンドラー氏はFacebook Coinによって、広告収入以外の収益を得られるようにり2021年までに190億ドルの売り上げが見込まれると予測している

・Facebookのブロックチェーン部門を率いるのは、PayPal前社長David Marcus。買収を行なったChainspaceも含めて非常に大きなチームになりつつある。Instagram、WhatsAppなどを並行して、どのようにFacebookが経済圏を作っていくのか期待が高まる

カカオの子会社「Ground X」がプライベートセールで9,000万ドル調達

・韓国のメッセージングアプリKakaoTalkを運営するカカオのブロックチェーン部門「Ground X」がブロックチェーンプラットホームのリリースを前に9,000万ドルをプライベートセールにて調達したことを米ブルームバーグが報じた

・「Ground X」は自社プラットフォームに、ゲームからサードパーティの旅行用アプリケーション等のサービスを提供する予定 ・韓国の人気ゲーム開発会社Wemade Entertainment Co.、ビデオストリーミングサービス事業者Watcha Inc.、中国の高級旅行代理店Zanaduなど26社と提携

トルコのアンタルヤ・ホームズが仮想通貨で不動産購入が可能に

・トルコ・イスタンブールの不動産代理店のアンタルヤ・ホームズが2018年にビットコイン(BTC)によって9戸の住宅を販売完了

・ウェブサイトに「Pay With Bitcoin」という名前の特別セクションを設け、仮想通貨による住宅購入に関するあらゆる質問に対応

・仮想通貨で住宅を購入したいと考える人に対して、アンタルヤ・ホームズは、最低3万ユーロ(9 BTC)でトルコの住宅を所有する機会を提供している

書籍『日本の給料&職業図鑑』のブロックチェーンと連動したゲーム化が発表

・シンガポールの制作会社Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.が宝島社の書籍『日本の給料&職業図鑑』をブロックチェーン・ゲーム化することが「NEO GAME CONFERENCE」にて発表された。ゲームの名称は「Job Tribes」

・このゲームのストーリー構成には樹林伸氏、キャラクターデザインには美樹本晴彦氏らが参加

・「Job Tribes」は複数のゲームタイトルプロジェクトとして進行予定で、第一弾はカードバトルゲーム。体験版を2019年夏ごろに公開予定

・ゲーム内のカードはトップクリエイターたちが描き下ろしたもので、それをブロックチェーンで管理されたデジタルアセットとして所有することができるようになる

VALUが24時間限定の動画配信機能「VALU Stories」リリース

・株式会社VALUが運営するSNS「VALU」で、2019年3月11日(月) に新機能である24時間限定の動画配信機能「VALU Stories」をモバイルアプリ向けにリリース

・この新機能では多くのトークン(VA)を長期的に保有するメリットの創出を狙い、保有するトークン(VA)の数に応じて再生可能な動画と再生回数が決まる仕組み。また、Storiesの動画に対してチップができることで、より多くの支援を行うことができるようになる

・現在VALUのユーザー数はweb版・iOS版を合わせ、約10万人、ユーザーの累計支援総額が10億円を突破している

※詳しくいニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

 

(images:iStock /artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。