ビットコイン基盤の分散型ウェブ「web5」発表、ブロックのTBD

ビットコイン基盤の分散型ウェブ「web5」発表、ブロックのTBD

ブロック(Block)の子会社TBDが、ビットコイン基盤の新しい分散型ウェブ「web5」を構築する計画を6月11日に発表した。

ブロックCEOのジャック・ドーシーは、新しい分散型ウェブを「web5」と定義し「これはおそらくインターネットへの私たちの最も重要な貢献になるでしょう。チームを誇りに思っています。RIP web3 VCs」とツイートした。

兼ねてからweb3のトレンドを作ったVCに対して批判的な態度をとってきたドーシー氏が、「web3のVCたちに御愁傷様」と皮肉を込めた内容だ。

TBDでは、ビットコイン基盤の分散型取引所「tbDEX」と分散型ウェブ「web5」の2つのプロジェクトを進めているとのこと。

昨年11月に「tbDEX」のホワイトペーパーがTBDによって公開されている。そのホワイトペーパーで「tbDEX」の目的は「中央集権的な取引所を経由することなく、法定通貨ベースのシステムから暗号資産を利用するためのシステムの入り口(オンランプ)と出口(オフランプ)を作るためのフレームワークを提供すること」とされていた。

今回発表された「web5」の構成要素として「分散型識別子(Decentralized Identifires)」、「分散型ウェブノード(Decentralized Web Node)」、「自己主権型アイデンティティサービス(Self-Sovereign Identity Service)」、「自己主権型アイデンティティ開発ツール(Self-Sovereign Identity SDK)」が挙げられている

そして「web5」に関係するアクター(参加者)は「ウォレット(Wallet)」、「分散型ウェブノード(Decentralized Web Nodes:DWNS)」、「分散型ウェブアプリ(Decentralized Web Apps:DWAS)」だとしている。

なお発表では、現在のウェブモデルと「web5」の個人データやアイデンティティの管理方法の相違点説明されている。

ユーザーが自分のデータやアイデンティティを所有できず、企業によってアカウントを与えられ、データはアプリでサイロ化しているのが現在のウェブだと定義されている。

一方、分散型ウェブプラットフォームによって、ユーザーが自らのアイデンティティやデータを管理できるようになるのが「web5」だと定義されている。

ブロックは昨年12月にビットコインのライトニングネットワーク開発ツール「Lightning Development Kit(LDK)」も発表している。ブロックは今後もビットコインにフォーカスしたサービスや事業を創出していくだろう。

参考:TBD
images:iStocks/tampatra・LongQuattro
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道