エドシーランのコンサートチケットをブロックチェーン管理、英ウェンブリースタジアム

エドシーランのコンサートチケットをブロックチェーン管理

英国の有名サッカースタジアム「ウェンブリー・スタジアム(Wembley Stadium)」が、6月に開催されるエド・シーラン(Ed Sheeran)のコンサートで、ブロックチェーン技術活用のチケッティングソリューション「TIXNGO」を活用することが5月20日に分かった。

これまでに「TIXINGO」は、「ヨハン・クライフ・アリーナ」や「スタッド・ド・フランス」など、世界の主要なスタジアムやイベントで利用されてきた。また2021年のUEFA欧州選手権では、UEFAが大規模な導入に成功した実績もあるという。

「TIXNGO」は、スマホファーストで暗号化されたデジタルチケットを作成し、偽造チケットのリスクを排除するためのソリューションだ。

「TIXNGO」を通して作成・販売されたチケット所有者は、デジタルウォレットにて、いつでも安全にチケットをダウンロード、譲渡、保管などができるようになるとのことだ。あなお「TIXNGO」のアプリはiOSとAndroidどちらでもダウンロードできる。

ちなみに「ウェンブリー・スタジアム」の最大収容人数は9万人。そして「ウェンブリ・スタジアム」では、エド・シーランのコンサート後もこのソリューションの継続利用が検討されているようだ。

ウェンブリー・スタジアムのイベント運営責任者ポール・スマイス(Paul Smyth)氏は、次のようにコメントしている。

「私たちは、スポーツイベントだけでなく、さまざまなタイプのイベントに対応できる、最先端の安全なモバイルチケットソリューションを探していました。TIXNGOはまさにこれを実現し、すべてのファンに安全でシームレスなチケッティング体験を提供しています」

TIXNGO UKのマネージングディレクターであるデヴィッド・ホーンビー(David Hornby)氏は、次のようにコメントしている。

「チケット販売と幅広いデジタル・エコシステムを統合することは、スタジアムのデジタル化の野望を達成するために不可欠な要素となっています。ポールと彼のチーム、そしてウェンブリーの他のテクノロジー・パートナーと協力して、この最も象徴的なスタジアムを訪れるすべての人々に、次世代のファン体験を提供できることに興奮しています」

参考:TIXINGO
images:ロイター

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した