今がブロックチェーンに参入する最後のチャンス「AnyPay × LayerX テクノロジーと描く未来」イベントレポート

求める人材像

いま、「LayerX」と「AnyPay」が求める人材とは?

福島:一番来て欲しい人材は、今現在の会社で「ブロックチェーンの仕事をフルタイムでできるんだろうか」という疑問を感じている人ですね。

永続して仕事をするっていうのは、ちゃんとキャッシュフローのあるビジネスを作って、それが世の中にリンクしているからこそ、フルタイムでリソースをかけれて、そこに技術的・ビジネス的なノウハウが溜まっていくということです。

「LayerX」は、今一番ブロックチェーンを真剣にを考えている会社だと思います。ブロックチェーンやりますっていうとビジネス化するのは遠い将来なのかなと思われがちですけど、僕らは短期でしっかりと形にしたいと思っています。

今みなさんが働く会社がブロックチェーンやりますっていってるけど、外向けに言ってるだけなのかなと思うことはありませんか?

「業務時間の20%使っていいから好きな技術やっていいよ」っていうのもよくあると思うんですが、それは全部まやかしです。本来は120%のリソースをかけるに足る仕事を作ることが重要だと僕は思っています。

そして、そういう仕事が市場の成長とともに世の中に必要とされていき、なくてはならないインフラになっていくと思っています。そしてそこに溜まっていく技術的知識が本質です。

今のインターネットで大きくなっている会社は全部そうして成長して来た会社です。

最初は本屋とか大学生のSNSとかだったように見えるかもしれないけど、一番本質的なところにポジショニングした会社が、今信じられないほどのノウハウと技術を持って世の中にとって面白いことを提供できるようになっています。

僕はこの10年それをずっと見て来たので、「LayerX」はそういう会社にしたいと思っています。

なのでブロックチェーンに本気で取り組みたいとか好奇心がすごくある、グローバルに仕事をしたい、技術で世の中に価値を提供していきたい、根本的にはブロックチェーンが好きでたまらなくてずっとそのことだけやっていたいというような方々に来て欲しいと思っています。

大野:AnyPayは去年からICOの事業をやっているんですが、さらにそれをスケールさせていく形で、fintechとブロックチェーンという切り口で、どうやってそのブロックチェーンの技術をfintechの世界に応用して世の中に新しい枠組みを提案していくかということをやっていきたいと思っています。

ブロックチェーンにはいろんなレイヤーがありますが、私たちはプロトコルのレイヤー以上とアプリケーションの部分を考えて、いかにfintechという世界でブロックチェーンを使っていかに新しい価値をトークン化し、それを流動化するかというところをビジネスとテックが一緒になってやっていきたいと思っています。

なので、ブロックチェーンに詳しいエンジニアの方で特にビジネスと接しながら新しいトークンの可能性を考えたいという方と働きたいです。またこれまでのブロックチェーンサービスはオシャレさを感じにくかったですよね、そんなイメージを変えていくインターフェースを一緒に考えたいデザイナー・アプリケーションエンジニアの方も求めています。

さらに、そういった方々と一緒に実際に世の中にインパクトを出すプロジェクトをやりたいというビジネスの方も求めています。

私自身はテックも好きですが、一方実際にプロジェクトをやったことでどういう人が喜んでどういう肌触り感がある結果が得られるのかがすごく好きです。

例えば先ほどのDrivezyの ICOのプロジェクトでいうと、現地にいくと車が増えていて実際に乗っている人がいるというところまで見届けることができました。

オンラインで起きていることと実際にオフラインで目の前で起きる変化を両方体験できるので、そういうことがやりたい方がいたら来てくださると嬉しいなと思っています。

(イベントレポート おわり)

※両社の採用情報はこちら

→LayerXの採用情報
→AnyPayの採用情報

 

(編集:竹田匡宏  / 設楽悠介 / 伊藤工太郎

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

Cosmosが正式リリース、エストニアblockhiveが日本法人設立、声で伝えるプレスリリース「VOICE RELEASE」スタートなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

「ブロックチェーンのインターネット」Cosmosが正式リリース ・エストニアblockhive OÜが日本国内での事業展開を視野に株式会社blockhiveを設立 ・シャトル・ホールディングスが、IBMの技術を使った仮想通貨のカストディサービスのベータ版を今月中に発表予定 ・バイナンスの公式ウォレット「Trust Wallet」がXRPを追加。クレジットカードでの購入が可能に

分散型ジャーナリズムPF「Civil」開始、次世代型SNS「FiNANCiE」オープンβ版公開、eToroが米国でも仮想通貨取引開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

分散型ジャーナリズム・コンテンツプラットフォーム「シビル(Civil)」がローンチ ・世界最大手証券会社eToro、米国でも仮想通貨取引を開始 ・フィナンシェがSNSサービス「FiNANCiE」のオープンベータ版をリリース

大晦日に1年を振り返って考えるブロックチェーンや仮想通貨の魅力と、2019年に「あたらしい経済」が目指すこと

今回のラジオでは「あたらしい経済」編集部の設楽と竹田が大晦日に2018年を振り返りトークをした大晦日特別編を配信いたします。ブロックチェーンや仮想通貨に魅了された私たち2人が、1年を振り返ってあらためて考えるブロックチェーンや仮想通貨の魅力とその変化について、また来年の業界予想や「あたらしい経済」の2019年の目標について話しています。

国際ブロックチェーンカンファレンス「NodeTokyo 2018」開催!メディアパートナー「あたらしい経済」読者へのお得な特典情報も!

日本初開催の国際ブロックチェーンカンファレンス「NodeTokyo」が2018年11月19日、20日に東京・日比谷で開催されます。 このカンファレンスでは、「Etherum Fundation」や「OmiseGo」をはじめとする海外ブロックチェーン領域の最先端プロジェクトが東京に集結します。