パウエルFRB議長「規制は考えてない」、マイニングマルウェアの脅威、Baidu独自ブロックチェーン写真共有アプリなど8つのニュースを紹介(ブロックチェーン・仮想通貨ニュース)。

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースを編集部メンバーが音声でお届けます。

7月19日のニュース

  • パウエル米連邦準備制度理事会議長「米金融政策当局として規制することは考えてない」
  • 米議会で主要メンバー6人迎えて、仮想通貨と規制の枠組みを議論
  • マイニングマルウェアがランサムウェアよりも脅威である
  • 中国検索エンジン大手のBaidu、独自ブロックチェーン上の写真共有アプリをリリース
  • 「nor.」のサービスを個人へ開放、将来はブロックチェーンも活用か
  • ベトナム、ブロックチェーンプログラマーの不足で一般プログラマーの約3倍の厚遇で求人
  • 熊本ブロックチェーンカンファレンス2018実行委員会、8/3「ブロックチェーン技術が築く地方創生の可能性」を開催
  • CryptoAge主催「本田圭佑×宮口礼子が語るブロックチェーンの未来」の感想

再生は以下から(以下の再生ボタンを押していただいて10秒程度お待ちください)

images:iStock / artsstock・pabradyphoto

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

アニモカブランズ、SUPERPLASTICとメタバース体験提供で提携。NFT「Headtripz」リリースで協力

香港に拠点を置くブロックチェーンゲーム開発やNFT分野への投資を行う会社であるアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)と、デジタルデザイナートイブランドのスーパープラスチック(Superplastic)が、メタバースゲームの体験を提供する為に提携したことが1月20日に分かった