MasterCard暗号通貨決済システムの特許、ロシア企業独自トークンで社員にインセンティブ、ビットコイン価格高騰、コインベースの買収承認など8つのニュースを紹介(ブロックチェーン・仮想通貨ニュース)。

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースを編集部メンバーが音声でお届けます。

7月18日のニュース

  • 明日、2つの米国議会が暗号通貨に関して議論するのに期待すること
  • Master Cardが暗号通貨決済のための決済システムの特許を取得
  • セコイアキャピタルチャイナ、ポーリーチェーンキャピタルが中国のブロックチェーンスタートアップに28億円の投資
  • ロシア企業が、独自トークンで社員にインセンティブ付与するシステムを開発
  • ビットコイン価格高騰、日本円で80万円を超える
  • 「Zaif」がスマートフォンアプリ配信終了。利用者は10月15日までに対応が必要
  • コインベースのキーストーン・キャピタルとベノベート・マーケットプレース、デジタル・ウェルスの3社の買収を当局が承認
  • USDとのペッグ通貨「Stronghold USD」」をIBMが支援表明

再生は以下から(以下の再生ボタンを押していただいて10秒程度お待ちください)

images:iStock / artsstock・Ekaterina79

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【取材】ビットコイン基盤でスマコン実現目指す、フルグルがDiamond Hands支援

ビットコインエコシステムへ投資を行う米国VC「フルグルベンチャーズ(Fulgur Ventures)」 の日本法人「フルグル合同会社」が、ライトニングネットワークのユーザーおよび開発者のコミュニティ「Diamond Hands(ダイヤモンドハンズ)」を支援していくことを10月7日に発表した。