メタマスクが「Apple Pay」対応、日本含む34ヵ国でイーサ購入対応か

メタマスクが「Apple Pay」対応、日本対応とあるが決済できず

暗号資産(仮想通貨)ウォレットのメタマスク(MetaMask)が、Apple Payでの暗号資産(仮想通貨)購入に対応したことが3月29日に分かった。

Apple Payでの決済対応は、メタマスクのモバイル版のv4.3.1へのアップデートのうちの1つで、決済や送金インフラ企業ワイヤー(wyre)と連携により実現したようだ。

Apple Payに対応するVisaやMastercardのデビットカードおよびクレジットカードで利用可能となる。なおワイヤーはNFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)や分散型金融(DeFi)プロトコルのMAKERなどともパートナーになっている。

メタマスクのApple Pay決済がサポートされている国は全部で34ヵ国とメタマスクアプリ内では表示されており、そこには日本も含まれている。ただし編集部がVisaカードをApple Payし、イーサ(ETH)購入を試みてみたが、購入時にエラーが出て決済完了できなかった。

購入を試みたがエラーに

手数料に関しては、米国ユーザーは「決済金額の2.9% + 0.3ドル +ガス代(最低5ドル)」で、米国外の国の手数料は「決済金額の3.9% + 0.3ドル +ガス代(最低5$)」となっている。

ちなみに米国のニューヨーク州とテキサス州では利用できないようだ。利用限度額は米国では1週間あたり500ドル、1年間あたり7,500ドル、米国外の国では、1週間あたり1,000ドル、1年間あたり7,500ドルとなっている。

なお編集部でメタマスクのネットワークをポリゴンのマティックネットワークに切り替えたところ、Apple Payは表示されなかった。現状はイーサリアムネットワークのみに対応していると考えられる。

ちなみにその他のアップデート内容としては、ダークモード対応が発表された。なおメタマスクの月間アクティブユーザー数が3,000万人を突破したことが3月16日に発表されている。

参考:Metamask
images:iStocks/Molnia
デザイン:一本寿和

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ