SBIグループのNFTマーケットプレイス「SBINFT Market」3月17日リリース、パブリックブロックチェーン活用

NFTマーケットプレイス「nanakusa」が「SBINFT Market」へ

SBINFTが、NFTマーケットプレイス「nanakusa」をリブランディングした新たなサービス「SBINFT Market」を3月17日にリリースすることが分かった。

「nanakusa」は、SBINFTが開発・運営を行うパブリックチェーンによるNFTの発行・販売・二次流通機能を備えたNFTマーケットプレイスだ。イーサリアム(ethereum)及びポリゴン(Polygon)のブロックチェーンに対応している。

販売及び決済方法については、NFT作品を任意の価格で販売する通常販売とオークション販売の2種類がある。また通常販売時の決済方法は、暗号資産(イーサリアムのETH及びPolygon/MATIC)かクレジットカードになる。またNFT購入者は二次流通(販売・購入)を行うことができ、取引が成立すると、公認アーティスト及び提携事業者が規定したロイヤリティが還元される仕組みとなっている。

なお今回のリブランディングに伴い、これらの特徴がそのまま「nanakusa」から「SBINFT Market」へ受け継がれる。

「SBINFT Market」のリニューアルに伴い変わるのは、公認アーティスト及び提携事業者による一次販売時の販売手数料だ。7.5%から10%に改訂するという。

さらにマーケットプレイスの言語対応として、現在「nanakusa」で対応している日本語と英語から中国語と韓国語が追加されるとのこと。

なお3月17日の公開までは、現行の「nanakusa」が利用できるとのことだ。また別途リニューアルキャンペーンに関する発表を3月中旬に行うとしている。

SBINFTは昨年9月にSBIより買収され、「スマートアプリ」から「SBINFT」に社名を変更した。その際に国内でアート×ブロックチェーン事業を手がけ、アートのブロックチェーンインフラ「Startrail」を構築するスタートバーンとのパートナーシップも締結している。

現在日本国内企業のNFTマーケットプレイス事業への参入が相次いでいる。その中では独自ブロックチェーンや、一部機能をオフチェーンで展開しているプラットフォームも見られる中、これまで同社が運営してきた「nanakusa」と同様に、リブランディング後の「SBINFT Market」でもパブリックブロックチェーンの活用が継続されるようだ。今NFTの取引ボリュームの多くを占める「OpenSea」をはじめとする世界のマーケットプレイスに対抗するサービスが、日本から生まれることを期待したい。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

マンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より

SBIがNFT事業参入、スマートアプリを子会社化し「SBINFT」に。またスタートバーンとも提携

SBI子会社の英B2C2、世界初「暗号資産NDF取引」実施。シンガポールQCPと

【対談動画】SBI NFT、日本発のNFTマーケットプレイスが目指すものとは?(SBINFT 高長徳氏・仮想NISHI氏、スタートバーン 施井泰平氏)

SBIがNFTアートオークション開催へ、TISの環境価値移転管理システムなど(音声ニュース)

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored