下落要因は? ビットコイン価格が昨年9月以来の低水準に

下落要因は? ビットコイン価格が昨年9月以来の低水準に

ビットコイン価格は、その他の暗号資産が幅広く売られる中、5%も下落し昨年9月下旬以来の安値となる41,000ドルを1月7日に割り込んだ。

ビットコインは昨年9月29日に記録した40,938ドルにタッチした後、さらに3.7%下落。ちなみにビットコインは昨年11月に過去最高の69,000ドルを記録して以来40%以上下落しており、13年前の誕生以来悩まされてきたボラティリティは依然として高いといえる。

カザフスタンで急成長していたビットコインのマイニング産業だが、先日の暴動によってインターネットが遮断され、今週ビットコインネットワークのハッシュレートは急落している。

また1月5日に発表された最新の米連邦準備制度理事会(FRB)の議事録で、より積極的な政策行動への姿勢が示されたことでも、ビットコインへの圧力となり、投資家のリスク資産に対する意欲を減退させているとも考えられる。

シンガポールの暗号資産プラットフォームStack FundsのCOOマシュー・ディブ(Matthew Dibb)氏は「現在インフレ懸念と利上げが投資家らの頭の中にあるようで、すべての市場で幅広いリスク回避傾向が見られています。またビットコインの流動性はかなり低下しており、短期的にはその指標が30半ばまで後退するリスクもあります」と述ベている。

またビットコインに次ぐ時価総額の暗号資産であるイーサリアムのイーサ(ETH)は、8.6%下落、3,114ドルと10月1日以来の安値となっている。

 (Reporting by Tom Wilson; additional reporting by Tom Westbrook in Singapore; Editing by Dhara Ranasinghe)
翻訳:竹田匡宏(あたらしい経済)

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した