【取材】Nayuta、Bダッシュと米フルガーより約1.3億円の資金調達

Nayuta、Bダッシュと米フルガーより資金調達

株式会社Nayuta(ナユタ)が、B Dash Ventures(ビーダッシュベンチャーズ)とFulgur Ventures(フルガーベンチャーズ)を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額1億3671万円の資金調達を行ったことを発表した。

ナユタはビットコインのセカンドレイヤー技術ライトニングネットワーク関連の開発と、企業向けブロックチェーン関連開発を行う、福岡県拠点の企業だ。

なおライトニングネットワーク(Lightning Network)は、オフチェーン取引による送金方法で、ブロックチェーンの外で取引を行うことによって、ビットコインの送金速度の向上や少額決済(マイクロペイメント)に対応した安価な送金手数料を実現する技術だ。

発表によると今回の資金調達により、社員の採用やマーケティング等を強化するとのことだ。

株式会社Nayuta 代表取締役CEO 栗元憲一氏へ取材

あたらしい経済編集部は株式会社Nayutaの代表取締役CEOである栗元憲一氏へ取材を行った。

−VCはビットコインのライトニングネットワーク領域に関して、どのようなビジョンをいただいていると思いますか?

例えばFulgur VenturesはLightning Networkに関して様々な領域に投資をしています。現在、ライトニングネットワークには様々な可能性がある状態だと思いますので、エコシステムの充実ということが念頭にあるのではないかと思っております。

−2022年、Nayutaはライトニングネットワークに関してどのような取り組みを行ないますか?

アプリとライトニングネットワークを連動するモバイルウォレットをリリースしておりますが、現在こちらの機能を充実させるための開発を行っています。さらにアプリ開発会社に対して開発を簡易にするためのツールを開発中です。こちらのリリースを目指しています。

また来年あたりから(ウォレットの)レギュレーション(法規制)に関して最終的にどちらに向かっていくのか、方向性が少しづつ見えてくるのではないかと思っており、そちらへの調査・対応を考えていきたいと思っています。

関連ニュース

Nayutaがモバイル型ライトニングネットワーク・ノードサービス「Nayuta Core」のオープンアルファ版をリリース

LayerX福島良典とNayuta栗元憲一が語る日本の仮想通貨・ブロックチェーン市場の課題 PoT #01-1 

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和

images:iStocks/BadBrother・artacet・peshkov

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【1/20の話題】ビットポイントでディープコイン(DEP)上場、米個人年金積立で暗号資産購など(音声ニュース)

国内初、ビットポイントでDEAのディープコイン(DEP)上場へ、米個人年金積立で暗号資産購入、iTrustCapitalが約143億円調達、LINE、グローバル向けNFTプラットフォーム「DOSI」発表、米銀行ら発行のステーブルコイン「USDF」、銀行間送金に成功、米コインベースにShping Coin(SHPING)上場、アスター(ASTR)、クーコインに上場、FTXでPsyOptions(PSY)上場へ、OpenSea、暗号資産ウォレットのダルマ・ラボ買収、全豪オープン、記念NFTコレクションをリリース、コインハイブ事件、最高裁で逆転無罪に、南葛SCとSHIBUYA CITY FC、選手報酬一部をトークンで。南葛は稲本潤一選手も入団でホルダーに、バスケB3リーグ「鹿児島レブナイズ」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored