ブロックチェーンインフラ開発のアルケミー、Web3ファンド発表

アルケミー、Web3ファンド発表

ブロックチェーンインフラ開発企業のアルケミー(Alchemy)がWeb3領域の活性化のためのファンド「アルケミー・ベンチャーズ(Alchemy Ventures)」を立ち上げたことが12月10日に分かった。

「アルケミー・ベンチャーズ」には、a16z(アンドリーセン・ホロウィッツ)、Pantera Capital、アーティストのThe Chainsmokers、ロイター通信の前CEOのトム・グローサー(Tom Glocer)氏らが出資をしている。

そして「アルケミー・ベンチャーズ」は、DeFi(分散型)、Computing、NFTなどオーナーシップに関する領域へ投資を行なっていくとのことだ。

アルケミーにとって「アルケミー・ベンチャーズ」を通して企業へ投資をすることは、投資先のチームへのサポートの始まりに過ぎないと発表されている。

具体的にこれまでアルケミーはOpenSea、Dapper Labsなどを初日からサポートしてきたとのこと。また水面下でアルケミーはFTX、Arbitrum、Matters Labs、Geniesなどに出資し、支援を行なっていたことも明らかにした。

アルケミーは、開発者がブロックチェーンアプリケーションを簡単かつ効率的に開発するための必要なツールを提供することで、AWSがインターネット業界にもたらしたサービスを、ブロックチェーン業界にもたらすことを目標としている企業だ。

今年10月に同社はシリーズCラウンドでa16zらから約280億円(2億5000万ドル)の調達をしたことで話題になった。

参考:アルケミー(Alchemy)
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ