チリーズ「Socios .com」、サッカーのバロンドール賞公式パートナーに

「Socios .com」がバロンドール賞公式パートナーに

チリーズ(Chiliz)が運営するファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオス・ドットコム)」が、サッカーの2021年バロンドール賞の公式パートナーになったことが11月26日に分かった。

バロンドールとは、1956年にフランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が創設した世界年間最優秀選手に贈られる賞だ。ちなみにバロンドールの授賞式は11月29日20時30分(中央ヨーロッパ標準時)、日本時間11月30日4時30分に開催される。

「Socios.com」は授賞式で2つのフォトブースを設置する予定だ。そしてセレモニーに参加する750人のゲストが、バロンドールのトロフィーと一緒に写真を撮ったり、プラットフォームの100以上のパートナーからファントークンを獲得したりするチャンスを提供するとのことだ。

「Socios.com」の創業者兼CEOのアレクサンドル・ドレイファス(Alexandre Dreyfus)氏は、発表にて次のようにコメントしている。

「サッカー界で最も権威のある個人賞の授賞式であるバロンドールと提携し、その授賞式に参加できることを嬉しく思います。ソシオス・ドットコムは、ファンの皆様とヒーローとの距離を縮めるために設立され、バロンドールはサッカー界のビッグスターが集うイベントであり、まさに完璧な組み合わせと言えます」

なお発表では、今後チリーズが2022年にアメリカにオフィスを開設する予定であることも伝えている。

チリーズは欧州のプロサッカーリーグの多くのチームを中心に提携を行いファントークンを発行しており、サッカー業界では現在27団体と提携を行っている。

またサッカーに留まらず、北米ではNBA:バスケットボール、NHL:ホッケーのチームや総合格闘技団体のPFLとUFCとも提携しており、韓国やインド、南米のスポーツチームとの提携など国・ジャンルを問わず展開を進めている。

またチリーズは、9月に暗号資産取引所を運営するFTXとの提携を発表している。

参考:ソシオス・ドットコム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet・XiXinXing

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored